--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.12.30

二つの祖国

山崎豊子の「二つの祖国(上・中・下)」を読みました。

私が住んでいるベイエリアは、日系1世、2世が多い。(中国系も同じ)。それで、日系の歴史に興味を持った。

問題点は、民間人、それも、ヨーロッパ系ではなく、中国系でもなく、日本人のみを収容所に入れたということ。住んでいる場所が限られていたので、集めやすすかったのも原因かもしれない。移民暦が浅く、差別しやすかったのかもしれない。

う~ん、だめだ、これ以上はネット上では載せられない。

私の結論としては、子供たちに歴史を教える時は、あらゆる角度から検証して、教えなければならないということ。

人種の集まりを統合し続けるために、戦争を利用してはいけないということ。

戦争の始め方と、終わり方が、重要だということ。

あらゆる戦いが、終結し、始まらないことを願います。



スポンサーサイト

Posted at 14:52 | 観た・見た | COM(0) | TB(0) |
2005.12.29

子供のお金

 私は、どちらかと言えば、子供にお金の存在&価値を教えようとしている方だと思う。

 日本にいる時は、帰省先のお祭りで、夏の間練習した伊予万歳を娘が踊って、金券&図書券&その他お菓子等をもらったり、ひいじいちゃん&ひいばあちゃんなどから、お年玉などがもらえた。

 彼女は、自分の買ったものと、残っているお金を見つめては、嬉しそうにしていた。

 が、こちらに来てから、子供が社会からお金をもらう機会が無い。親が決めた時に、お菓子やおもちゃを買ってもらえるという状態。

 レモネードを売るには、まだ早すぎるし・・・。

 しばらく探していたのだが、先日見つけたのは、リサイクルセンター。その州のcash refundと書かれたビンやペットボトルは、リサイクルセンターへもっていけば、その場で現金に換えてくれる。
 
 子供たちは、家で、ビンを分別用(何の変哲も無い)ダンボールへ入れたり、ペットボトルの蓋をとって、同じく分別用ダンボールへ入れるのが、仕事。リサイクルセンターでは、ペットボトルを、所定のかごに入れるのも仕事。で、センターのおじさんから、子供達2人はお金をもらって、財布へ入れる。ものすごく、嬉しそう。

 リサイクルセンターと言っても、たいそうなものでなく、私が毎日行くスーパー(Safe way)の敷地内にあるので、そこで現金を得た子供達は、自分の好きなお菓子をそのスーパーにて、買っている。

 娘は、お金と商品の連関がなんとなく分かっているようだが、息子は、商品を得たのに、お金が無くなった~と泣いているあたりは、お金の意味を全く理解していない模様。

 資源豊かなアメリカは、リサイクルに対して意識が低く、私のようなアジア系の人かホームレスの人くらいしかリサイクルしていない。アメリカ人、日本のごみ分別見たら、驚くで。



2005.12.28

 クリスマス当日の夕方突然思い立って、M(韓国人)一家を夕ご飯に招待する。
 
 夜10時半ごろお開き。やっぱり、アジア人は緊張も全くしないし、リラックスできるわぁ。

 翌日から始まるクリスマスセールに、私も参加。
家族を巻き添えにして、スカートとバッグを購入。わ~い☆
(文字にすると2点だが、この2点を買うのに2日かかった・・・)

今日は、朝からSFへGOGO~!お友達2人も一緒。

行き先は、ame。St.Regisホテル内にあるレストラン。
ドレスコードがあって、ビジネスカジュアル。まぁ、綺麗目な格好ならなんでもよろしいかと。ame 689 Misson St San Francisco, CA 94105

St Regisの入り口が小さくて、最初、通り過ぎてしまったなり~。
(3d ストリートから行く場合、Minnnaに入ってから、左手のホテル正面玄関へと車を入れる。(自分用メモ))3dストリートに面しているんだけど、正面玄関が面していない。
 私、valet parkingが密かに好き。ドアマンにドアを開けてもらうのよりも、自分が、正面玄関で降りて、車を駐車してもらうという贅沢感がたまらない(><)。(子供達の小児科病院の駐車場までvaletなのは、嫌なんだけどね(お金がもったいないから。ぷぷ)

 とにかく、お店へ。
お料理は、文句なしに美味しい。デザートも甘くなかったし!
もっと食べたかったけど、お腹には、これ以上は入りそうもなかったので、観光へ~。

その前に、お手洗いに。私、素敵なホテルやレストランへ行ったら、お手洗いの内装などを見るのも楽しみなんですよね。どんな工夫がしてあるのかなって。レジスホテルも裏切りませんでした。流すお水が、お湯。贅沢。お手洗いで、先ほどレストランでバースデーケーキをもらっていたお子さん2人+おばあちゃんグループと会ったので、「Who's the happy birthday girl today~?」とリズムをつけてお子さん2人に聞いたら、「It's me.」と背後からおばあちゃんが答えられて、びっくりしました。これからくるみ割り人形のバレエを見に行くそう。素敵。


友人の希望により、cathedral of St. of the assumptionへ。
天井の高さが必見。

次に、満場一致で行きたいと思った、Lombart Street ロンバートストリートへ♪ Powell から右折でロンバートに入ったんだけど、ここの坂も急ですな!ドライブで発進しようとしたら、タイヤがキュルキュルキュル!!とすべって、びっくらこきました。(もちろんその後1速にて走る)この道の頂上より先が、世界一くねくねしている道。Z字型に曲がっている。

観光客一杯。(自分もな!)

そして、頂上付近からは、アルカトラズ島が見える!絶景かな~。
 
帰りは、ゴールデンゲートブリッジ→101→580(リッチモンドブリッジ)で帰ってきました。

Posted at 20:12 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005.12.28

南カリフォルニアのたび 5日目

サンディエゴ ズーへ朝から行きました。

 ここでは、パンダが王様
長蛇の列に加わり、じりじりとパンダのいらっしゃる場所へと近づく静かに、じわりじわりと進みながら見学しなければならない。

 でも、普通のパンダ

私の中のパンダ像は、神戸王子動物園にいるだれきったパンダ。
2匹いるけど、まばらな人だかりにやる気の無いパンダが、背中を向けて寝転がっていたり。日本には、関東にもパンダがいる動物園があります。

サンディエゴズーのパンダを見たというスウェーデン人は、大興奮でパンダを見たことを話していて、どんな素敵な展示なのかと思ったのだが、普通の展示。後でよく話しを聞くと、ヨーロッパでパンダがいるのは、ドイツだけなんだって。だから、珍獣の類に入るのね。


koala.jpg




 ここの動物園で驚いたのは、コアラが動いていたこと
木を上ったり、地面を4つ足で歩いたり、積極的に自分をアピール
 木の又にはさまっているだけのコアラじゃない!可愛い!

広すぎて、一日かけたのに、半分しか回れませんでした。
もちろん、バスツアーもあります。

Posted at 16:29 | | COM(0) | TB(0) |
2005.12.24

サンディエゴ

南カリフォルニア旅行は、まだまだ続く。4日目。

サンディエゴに到着。午後からシーワールドへ!

L(人の名前の略です)が、シーワールドのチケットをくれていたので、無料で中へ入れました。素晴らしいぃぃぃぃ。(ただいまキャンペーン中で、1日分の料金で、2日分のチケットが貰えるので、その一日分を我が家にくれた。ありがたや~)

 子供たちは、それぞれ興味のあるものへと向かっていったが、イルカさんでも見ましょうや、ということでイルカへと向かう。

 iruka.jpg


広~っ!!!そして、空間が開いてる~~(意味分かる?)
イルカが、イルカが、近いっ!そのツルツルの肌まで、よく見える。

時間が決められているが、餌を買って上げた時、イルカを触れた。
千葉の鴨川シーワールド以来2度目!超かわいい。抱き付いて一緒にぐるぐる泳ごうかと思ったくらい。

テンション↑↑↑

次に面白かったのは、北極の展示にいる、とど
音がマイクで拾われていて、色んな音が聞こえちゃう。
非常に人懐っこくて、自分が食べているものを何度も見せてくれた(汚くて、すみません・・・)最高ー。生まれて初めてトドに興味もったよ。

最後の〆は、オルカのショー(ここの水族館では、シャームと呼んでいた)。シートに座ると、斜め前に、ディズニーランドを一緒に回った、M家が座っていた。イルカショーでずぶ濡れになった教訓を活かし、後ろの方に座ることにした模様。

オルカの回転が見れます。これは、すごい。ジャンプも高さがあるし、今まで見た(といっても、白浜アドベンチャーワールド、鴨川シーワールド、みさき公園だけだけど)中で、一番技術が高い。ショーの時間は短いけど、それを充分カバーする内容だろう。

Mによれば、韓国には、こうした施設が無いのだそう。
水族館はあるけどね。すごく嬉しそうな顔を見て、こちらもますますハッピーな気持ちになった。





Posted at 17:22 | | COM(2) | TB(0) |
2005.12.24

クリスマスパーティ

 L(スウェーデン人)のおうちで、アフタヌーンティに呼ばれました。G(デンマーク人)ともう一人チェコスロバキア人、それぞれ、子供1人ずつ。(うちは、2人)。Lは、比較的若いのに非常に落ち着いている。私もあんな風にナチュラルに振舞ってみたい・・・。テーブルセッティングが可愛いい。N(旦那さん)が帰ってくるまで、皆でわいわい話していました。L,いつもありがとう・・・。

 2日後の今日。S(ノルウェー人)のクリスマスパーティ。子供も入れたら、20人以上は集まっていた。

 これが、すごく楽しい!人数が多い上に、家がかなり大きいので、子供たちが騒いでも問題無し。日本人(うち)も、ブラックアメリカンも、ノルディッシュも、スエディッシュも、子供達皆まとめて一緒に遊びました。私、顔も背中も汗だくだく・・・・。子供たちには、面白いおばちゃんと認識された模様。良かった。

 その後、うちの子供たちも沢山遊んで、満足したのか、今日はあまり私の他の人との会話を邪魔しない。(いつもは、私が他の人と話し始めると、自分への関心を引こうとする)いっぱい笑って、めっちゃ楽し~。

 バンジョーとギターとバイオリンで、キャロルをみんなで歌ったり。(皆がノルウェー語(?)で歌っているところを、私は日本語で歌っていた。)

 夜8時半に家に帰ったら、主人がぽつねんとパソコンを前に座っていた。遅くなるって言ったのに・・・。冷やご飯で、チャーハンを作って食べたのだそう。まぁ、何も作っておいておかない嫁もどうかと思われますが。(あははは)

2005.12.23

ディズニーランド in アナハイム 2日目

 朝から晩までディズニーランドで過ごす予定!

 1時間前から開園にそなえて並ぼうと約束していたM(韓国人)一家が待ち合わせ時間に来ない!なんとかディズニーランドに開園時間前にたどり着いたが、すでに、開園していた!(開園待ちの人が多く、早めに開園していた・・)この日は土曜日でした。

 でも、正式な開園時間までアトラクションも動かないし、お店も閉まっているし、メインストリート以外の場所へは移動できないので、キャラクターと写真を撮るのが、おすすめかな。それか、ディズニーランドを一周している鉄道に正式な開園時間と同時に乗って、できるだけ早く移動するか。まぁ、混んでいないので、ゆっくり楽しめますけど。

 1時間前に並ばなくてよかった。インディージョーンズアドベンチャーも待ち時間5分。ミッキーの家も待ち時間が無く、かなりスムーズにすすみました。ミニーちゃんの家でも25分待ち程度。イッツ・ア・スモールワールドが、20分くらい(!!アメリカでは人気がある)。東京ディズニーランドじゃこうは行かないだろうけどね。

 念願のバズライトイヤーにも乗りました♪(ファストパスで待ち時間無し)。スペースレンジャーの一員になった気分でした。

昼のパレードも見ました。ミッキ~!!あなたに会いに来たのよ~!
micky.jpg




 子どもが楽しめそうな乗り物と、子供の休憩タイム(おむつの交換、おやつタイム)にあわせて大人が交代でアトラクションに乗り、乗れそうなものは、ほとんど乗ってしまったので、M(女性)と一緒に、カリフォルニア アドベンチャー ランドへレッツゴー!子供たち(4人)は、旦那さんたち(2人)にまかせた・・・。
 
 お目当てのTower of Terror へまっしぐら!
きゃ==。皆が手をあげたのでわかったけど、最上階で写真撮られるのね。でも、Mの腕を組んだまま、私は手をあげられない。怖いから!
(Mは、私につかまれていない方の手を上げていた)。その後絶叫。
エレベーターが落ちるという設定も怖いのよね。超おすすめ☆

 ランドへ戻って、父と子達と合流。夜のパレードを見る。
バレリーナが綺麗。夕ご飯を買いに、ランドを出る。ファンタズミックのために、場所取り。パイレーツ オブ カリビアのど真ん前。本当に2時間前以上から場所取りが始まっている・・・・。1時間前くらいから、徐々に通行規制がかけられていく。通行規制エリアから、出るのは、出れるけど、入れなくなるので、トイレに行きたい場合などは、キャストに一言かけて、そのキャストの名前を覚えておいて、同じ人に声をかけてね。それか、家族が待っている場合は、家族がいる通行規制先エリアに家族がいることを伝えれば、通してくれますよ。(通行規制は、池を中心に、同心円状にかけられていきます。場所取りしている場所をしっかり覚えておく必要があります)

 ファンタズミックの後は、50周年記念花火!
雪が降る位置を確認しておいたので、カリビアの前から動かず。
ここからだと、花火が2手に分かれて見えてしまうのだけれど、最後の雪が、ロマンティック♪(園内マップに雪の結晶マークがついているところが、花火の後、雪がふる場所です。)
 
 ・お手洗いの個室の数がどこも多いので、あまり待たなくて良い。
 ・迷子札(シール)をメインストリート(サークルのところ)にある市役所(確かcivic centerだったような)でもらえます。携帯番号を書きましょう。迷子が出た時も、ここへ向かいましょう。
 ・オフィシャルホテルとディズニーランドをつなぐシャトルバスはありません。ダウンタウンディズニーを突っ切ってください。
 ・子供がいる場合、親が交代でアトラクションに乗らなければなりませんが、その場合、「child pass」をくださいと言えば、片方の親がアトラクションから戻ってきたら、待たずに入れてもらえます。待ち時間が10分以下程度の時は、child passは、発券されません。

Posted at 17:28 | | COM(0) | TB(0) |
2005.12.23

南カリフォルニアへの旅

南カリフォルニアへ旅してきました!
20051223134354.jpg

早朝5時15分に自宅を出発。5号線もすいすい~♪朝日が大地に溶けそう。ただただひたすら真直ぐな道。

お昼過ぎに、アナハイムに到着。
シェラトン アナハイム ホテルに泊まります。
travelocityの契約表記のし方に問題があり、2重に部屋をとっていることが分かる。この宿泊をめぐってもめにもめました。キャンセルは、ホテルのポリシーに関するもので、ホテルに聞けというトラベロシティと、ホテル側はもちろんトラベロシティのポリシーの問題であり、うちではキャンセルできないの一点張り。この時点では、クレジットから引き落とし待ち状態で、引き落とされてはいなかった。refundがだめなら、連泊に変えろという私に、それもできないというホテル。マジ切れ。もちろん連泊に変えさせた)

シェラトン アナハイム ホテルに、ディズニーランドに行く目的で泊まるなら、あまり利点は無いかな。ホテルとリゾートまで30分間隔のシャトルバスしかないし。歩いていくと20分はかかるし。毎分00分、30分発というのも、ちょっと使いにくいんだよね。帰りもシャトルバスを待っていないと行けないし。子連れとしては、ディズニーランドの目の前にいくつもあるモーテルに泊まれば良かった。(しかもシェラトンに3泊もしてるし・・・)

 あと、シェラトンは、駐車場代を取るのがいけ好かない。トイレは、流れなくなって、修理する人を呼んでもらうこと3回。キャラクターダイニングもやってないし、冷蔵庫も有料。電子レンジは無いし、古い建物なので、小奇麗さもそれほど無い。


まずは、Disney's California Adventure Parkへレッツゴー!
ゴールデンゲートブリッジにお出迎えされる。
虫王国を目指します。母が乗りたかった芋虫の電車に乗る。わ~い!
その後、子どもたちと乗れそうな乗り物に乗る。

アラジンのショーを見る。チケット持っている人がいて、その人たちは先に入場していた。隣にいるおじさんに聞いてみたけど、家族に連れられてきているお父さんで、よくわからないとのこと。何席か向こうに座っていたおばさんが説明していたけど、早口な英語で分からない・・・。わかったのは、その方は、ホテルでチケットを買ったとのこと。ファストパスみたいなのが、売っているということか?

ショーは娘も楽しんでいた。良かった。
ショーは1階席でも2階席でも3階席でも楽しめますよ!
私は、1階席で観ました。

それから、Disneyland parkへ!
キャラクターと一緒に写真を撮ったり。

plute.jpg



いくつかのアトラクションに乗ったり。50周年ということで、混んでいるかと思いきや、とても空いている。


早めに帰って、夕ご飯(もちろん、炊飯器でご飯を炊いたよ。日本人はご飯だね!)とお風呂。部屋からディズニーランドの花火が見えました。

交代で運転を続けた主人と私は、熟睡。
子ども達も8時間半に及ぶドライブにつきあって疲れたのか、すんなりと眠ってくれました。

Posted at 14:16 | | COM(0) | TB(0) |
2005.12.05

まとめてDVD

娘が観ていたビデオ・DVD

「Did I ever tell you how lucky you are?」
おぃ、何かそんなに深刻な悩みでもあるのかい、3歳の娘よ。

「My first music video」
どんなビデオだったんだろう?

「The simpsons」
この面白さが理解できるのは、もっと大人になってからだよ。
母は、シンプソンよりファミリーガイの方が好きだけどね。
おそらく、原色のアニメーションを観て楽しんでいると思われ。

「Maisy's friends」
娘大のお気に入り。何度でも観たがる。

私が観たDVD
「Tarzan & Jane」
まぁ、こんなもんでしょ。

「The adventures of ichabod and Mr.Toad」
駄作。

両方とも、ディズニー。ディズニーだからって、何でも素晴らしいとは限らないんですね。

ついでに、読んだ本。

「Harry Potter and the Sorcerer's Stone」
今更ながら。ウイットがさりげなく効いている。確かに、大人も楽しめる。

そして、2巻を読んでいる途中なのに、この間テレビで2巻目をやっていたので、つい見てしまった。読む気がちょっと萎え中。

「2~5才児の心の発達としつけ 子どものココロがわかる本」主婦の友社編
はい、母は悩んでおります。母と言えども、育児暦はたったの3年。
示唆に富むものではありませんでしたが、各章の最後に現れる「とは言ってもね・・・」の続きに少し救われます。子どもとの関わり方のお手本が書かれているあと、この「とは言ってもね・・・」に続き、現実はなかなかそうは行かないわね、と書かれています。

「子育てに悩むお母さんへ」講談社 小此木啓吾著
外へ関心が向きがちな私に、ぴったりの本。仕事を持つことにあこがれたりする気持ちが、子育てをしている私を苦しめる。どうしてそんな気持ちになるのかが、理論だって書かれているから、納得できるし、分かりやすい。現代のお母さん方(特に私のような新米ママ)には、ぜひ読んでいただきたい。この本読んで、すっきり。

アマゾンで確認しましたが、二版が2002年に出たようです。

育児雑誌とか読んだことも買ったことも無いのですが(というか雑誌というものを生まれてこの方買ったことが一度も無い)、たまに育児本を読むと、ちょっとココロの休憩ができる。

育児って、何の航路決められていない海をずっと船の舵を取って進むようなものだと感じる。それを自分なりに、航路をこうしようとか、やはりこうしようとか悩みながら、進んでいく。投げ出せないし、大波が来ることもあるかもしれない。

時々、近所の人のサポートや、育児本のようなサーチライトを頼りにしたり、目安にしたりして、航海を続ける。ず~っと真っ暗な海を航海している時、サーチライトを見るとほっとしません?

そんな感じ。

Posted at 15:22 | 観た・見た | COM(0) | TB(0) |
2005.12.04

人生の経県値

http://www.geocities.jp/karasugawahekiheki/keiken.html?40000000000444000404422445544400210115400000044

面白そうだったので、やってみました。84点。納得できる青さ。
日本に帰っても、あちこち探索に出たい!

Posted at 16:02 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005.12.01

息子 急病

息子、急病。
昨日よりの熱38度(100F)に加え、ゼッコゼッコという変な音が胸から聞こえる。はぁ~。普段のぜーぜー言う音じゃ無いところが、ミソ。

とりあえず、抗生物質+鼻水を抑える薬(日本より持参)を飲ませるが、収まらず、ホクナリンテープ(日本より持参)を貼る。

熱もそれほど高くないので、アンビバ、ダイアップは入れず。

現在夜中の2時だが、苦しいためか1時間置きに起きる。はぁ~。

ホクナリンテープは効いている様子も無い。

とりあえず、かかりつけの病院へ電話。朝一で見てもらいたかったのだが、救急病院へ行くことを薦められる。かかりつけの医師は、つかまらず。(そりゃ、医者だって、寝たいわな。先生、今日も日中働いてはったし)

でも、救急病院へ行くかは、微妙~~なところ。
もう一つくらい症状が現れるか、症状が重くなれば、連れて行くのですけど。
朝の様子で、救急病院へ行くかは決めよう。今のところ。

うちからだと、Children's Hospitalが一番近い。24時間で、窓口へ行けば、見てくれる。保険のカード、予防接種や母子手帳の英訳、時系列に書いた症状、飲ませた薬などを書いた紙、かかりつけ医の住所、電話番号などを持っていくと良いらしい。

今日B型肝炎の予防接種を受けたことで、熱が出ることがあるらしい。それも関係しているのか?

で、症状などを電子辞書引きながら、書いている私。眠い。

追記:翌朝かかりつけの病院へ連れて行くと、croupという診断でした。辞書を引くと、「激しい咳を伴う小児病」とのこと。お薬をいただいて、帰ってきました。

そして、寝不足と雨が祟ったのか、私も風邪を引き、息子と2人で、寝たり、起きたりの生活。娘は、眠たくないのに、無理やり眠らさせられたり、やはり眠れなくて、ベッドの横で1人でぬいぐるみさん達と遊んだり。寂しい思いをさせて、ごめんよ、娘~。今日は私も息子も大分よくなりました。

2005.12.01

テンプレート

 これだけ、CM流されたら、そりゃその気になるで・・・。
50周年だしね。本家本元だしね。1週間後に行くことにしているので、テンプレートも変えてみました。

 DVDネタが多いので、日常生活を記録。
(家にいる時間短い割りに(朝から晩まで公園にいる)よく観てるなぁ。)

今日も朝から、公園へ。また中国人に間違われたよ。中国人に中国人だと間違われる確立は、99.9%です。いつも見かけるおばあちゃん(孫の世話をしている)に話しかけてみた。サーラという子も面倒を観ていた模様。でも、夕方図書館でサーラとそのご両親に会う。朝だけ面倒みていたのかな。


お昼に、子供たちのB型肝炎の予防接種2回目。診察とか一切無しで、看護婦さんが、適当に腕に注射をする。子供たち大泣き。可愛いバンドエイドも、クッキー(1人1枚もらえる)もあまり効果が無い。

 こちらの病院行くたびに、保険のカードを見せられるように言われる。けど、うちが入っている保険は、立替だから、カードは無い。それに、予防医療(健康診断、予防接種等)(と歯科)には、保険が効かない。

 先日、家の近くの歯医者に行くと(実はうちの隣は歯医者だが、高級感が漂っていて、ぼったくられるかもと思い、車で2分ほどのところへ通っている)、初診、診察+歯の部分レントゲンで、120ドル2回目にして、最終回、歯の一部を削って、粘土のようなもので、埋めて130ドル同じ月、子供達の健康診断(問診、聴診、計測)+予防接種1回で、630ドル。その月は、ついに赤字でした。ひぇ~。

 ローカルニュースを見て一言。(日本語だったら、分からないよね?ちょっと怖い)お隣のO市。B家、やばいですね。B家の犯罪ヒストリーが放映されたけど、やりすぎですよね。B家は、O市ではどんな位置づけなんでしょうか。O市に興味あったけど、やっぱり行ってはいけないな。日本では、信念に基づく一族での犯行というのは、ありませんね。
 

Posted at 14:14 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。