--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.07.27

おにいちゃんが来たよの巻

 主人と同じ分野で一番賢い人と言えば、この人をおいていないと断言できるくらい頭が良い方がうちに泊まりにきてます。子供たちには、おにいちゃんと呼ばせています。


 おにいちゃんは、飛行機に乗って、↓のケーキも持ってきてくれました。持ってくるの大変だっただろうに・・・。美味しくいただきました♪
241.jpg


 今日は、夕ご飯のあと、みんなでインディアンロックへ。
たくさん、たくさん昼顔が咲いていた。
251.jpg


 登頂成功~~♪
 252.jpg


 
スポンサーサイト

2006.07.27

アルティマちゃんが・・・・!!!!

昨日のお話。
  
 図書館の駐車場に停めていたアルティマちゃんへ戻ろうとすると、偉いことになっていた。


 左側のミラーが根元から折れてた。

 うちの車に当てたおばちゃんが、私に寄ってきた。

 スーパーサイヤ人になりかけてる私に、冷静に落ち着いて話しかけるおばちゃん。なんとか私も冷静になろうとする。

 入ってる保険はAAAだけだって。ははは。

自分がしたのはミラーだけって言い張ってるけど、ボディも凹んでるし、スクラッチもある。板金塗装が絶対に必要だ。

 とりあえず免許証見せてもらったり、情報交換。

 信頼できるボディショップで見積もってもらうと、1000ドル超。妥当な見積もりだ。

 夕方おばちゃんに電話すると、AAAから夕方か明日朝に電話があるという。予想通り電話は無い。朝からAAAへ電話。そういう報告は見つからないと言う・・・・orz

おばちゃん・AAA VS 私 という長い孤独な戦いの幕開けの予感だ。

Posted at 02:03 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.25

Lawrence Hall of science

Lawrence Hall of scienceへ初めて行って来ました。

 暑い暑いベイエリア、屋内でクーラーの効いたところで涼もうかと思ったのです。(うちには、クーラーはありません)

最初にお出迎えしてくれるのは、DNAの二重らせんの大きな模型。
 238.jpg


ほかにも、噴水やくじらの模型があります。

 建物に入ってすぐにTレックスの頭蓋骨があります。りっぱー。
 237.jpg


 ここから先は、有料ゾーン。
大人9.50ドル(値上げされました)子供(3-4歳)は、5.50ドル。20ドル50も払った。高い・・・・。駐車料金も機械で時間に応じて払います。

 インクを水でにじませるとどうなるかの実験
 232.jpg

 
 つみきで遊べるゾーン
 233.jpg


1階には、恐竜の骨格模型。
 231.jpg


ナノゾーンには、プラネタリウム(別料金)と迷路と、星座のことを勉強できるコンピューターがある
235.jpg


子供達が一番喜んだ水鉄砲
234.jpg


お外にも出れるよ
236.jpg


 総合的に、料金に不釣合いな展示だなぁと思った。
どれもこれも、日本にいる時にみた展示だし・・・・。3-4歳の子が暇つぶしをするにはいいけど、料金高いし・・・・。あと、館内暑すぎ。汗が滝のように流れるし、子供たちも汗だく。私は化粧していないから、大丈夫だけど他のお母さんはと見ると、皆さんミニタオルで拭き続けている。私もタオル持ってこればよかった。

 ベイビューカフェでお昼食べたけど、サンドイッチとホットドック。
あえて、普通な味と言っておこう。

 外にピクニックエリア(3つのテーブルと椅子)があります。

 とにかく暑いし、展示がしょぼいんじゃー!

2006.07.24

『博士の愛した数式』

『博士の愛した数式』 小川洋子 新潮社 を読みました。

「博士」の質感(笑、いやでもまじで)まで手に取るように分かり面白かった。

 事故に遭って記憶が80分しか持たなくなった元大学教員の「博士」。数学に関しては天才肌だが、子供のように純真さを持ち、子供より壊れやすい心を持っている。

 美しい数学の世界に住む博士は、混沌とした現実世界で暮らすのは混乱することなんだと思う。そんな中でも、子供は純粋なものに近く、そのため博士は√(主人公の息子)と近づけるんだろうな。

 「数式」とタイトルに入っているけど、難しい数式や展開は無い。

 感情移入しすぎて、読みはじめから泣きっ放し。

今更なぁと思ったけど、読んで良かった。

Posted at 12:18 | 読んだ | COM(0) | TB(0) |
2006.07.24

丸顔

 服装に無頓着な私は、主人のジーパンでも履く。渡米直後はぶかぶかだったが、最近は、むしろきつい。
211.jpg


 感覚が麻痺してきたのか、バーニーズのハンバーガーが小さいなと思う自分に気付いて、たいそう驚く。
212.jpg


 体型というのは、何もお腹のことだけではない。顔も丸くなってしまった。2ヶ月くらい前、鏡で自分の顔を見て驚いた。ダレだこれ!?
213.jpg


 眼鏡が壊れたので、眼鏡屋で40本くらい試しにかけてみる。
以前は、丸いフォルムの眼鏡だったが、丸いフォルムは、顔の丸さが余計に強調されてヤバイ感じになってしまうことに気がついた。

 店員さんが持ってきてくれた一つに、「教育ママ眼鏡」みたいなのがあり、ためしにかけると非常に似合っていた。フレームの端が釣りあがっているので、顔がすっきり見えるようだ。

 けれど結局、↓六角形のにした。
221.jpg


300ドル以上したが、主人が非常に気に入ってくれたので、満足。

「アメリカに行って、太りましたね」といわれるのだけは避けようと思っていた1年前。もう最近はどうでもいいわぁと思う自分。

2006.07.22

タイヤの状態

現在のタイヤの状態。

191.jpg


左に見える赤いバーと比べてみると、曲がってついているのが分かる。
こうすれば、私でもわかるけど、タイヤが下についている状態でよく気がついたなぁ。Cさん(エンジンオイルの交換をお願いしている車屋さんの人)。

タイヤの磨り減り方がめちゃくちゃですね。



Posted at 13:05 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.22

『The Green Mile』

『The Green Mile』を観ました。

トムハンクス若っかい!

やはり最後は泣けました。
John coffeyは、他の死刑囚が「I'm sorry for what I do」て言うのに対し、「I'm sorry for what I am」と言ったのに、ぐっと来た。

あと、Roll for two(だったけ?)とトムハンクスが言えなくなっている時にも、涙。無実の罪だけど、生きている辛さから死刑囚を自ら選んだJohn coffeyの姿が胸を打ちます。

 あと、精神科の医師が、Johnに背を向けてはいけないと忠告したけど、Johnを少しずつ信頼していくトムハンクスは、良く演じられていたと思う。



Posted at 12:01 | 観た・見た | COM(0) | TB(0) |
2006.07.22

Spare the air day

最近、洋裁へ心が向く余裕がない私。

 ところで、今日はspare the air dayの最終日だった。
公共の交通機関が無料になるイベントの最終日。

 今日の一日

3:00『The Green Mile』を観終わる。就寝。

8:30 息子に叩き起こされる。朝食。

9:45 掃除終了。M家へ向い、Yさんに挨拶。Mにお土産+頼まれていた写真を渡す。お元気で、Yさん!

10:15 エルセリートプラザへ向う。駐車場探しに手間取る。結局プラザの駐車場へ停める。

10:40 エルセリートプラザよりバート(今日は無料)に乗る。
201.jpg



11:57 SFO(サンフランシスコ空港)に着く。
204.jpg



12:15 international G のフードコートでお昼ご飯。
       ラーメンと天ぷらうどんを食べる。日本のペットボトルのお茶を飲む。こりゃ、うまい!


12:30 お土産やさんをひやかす。

13:00 Air train(いつでも無料)に乗る。
203.jpg



バートに乗って、家へ向う。

(おそらく)14:20 エルセリートプラザに到着。

そのまま、洗車場で、車内バキューム(チャイルドシートをはずすのに一苦労)+洗車(こちらは自動)。

そして、Ranch99で、タピオカティーを飲んだり、買い物したり。
205.jpg



16:00 驚いたことに、16:00になっていた。

家に帰り、車内掃除を開始。トレーを洗ったり、マットを洗ったり、クレヨンの汚れを取ったり。車内を乾かすため、路上駐車する。(まだ一部掃除できていない箇所あり)

17:45 夕食つくり開始。

18:25 夕食


明日は、まったりしようと思う。

追記:
20:00 子供達が公園へ行きたいと暴れだす。お散歩をする。広場で、ドルフィンショー(イルカ=子供達)が始まる。程よく疲れたようなので、家へ帰る。

途中、oleに会う。今は、サマーキャンプ中だって。元気そうで良かった。最近よく人に会う(歩行者が横断歩道を渡り始めたので、停車したら、ESLのアリーだったとか、そんな感じの出会い)。みんな、元気そうで、私も元気をもらう。つーか私はいつも元気ですが(笑)。

2006.07.21

帰ってきました

 昨日の夜自宅に無事に到着。

 火災報知機が10秒おきくらいに鳴る中、眠る。

 今日
9:30 Yさんが紫蘇、バジルを持ってきてくださる(旅行中お世話をお願いしていたのです)。お土産を渡したり、少しお話したり。

9:40 久しぶりにある会合へ。久しぶりにL,S、などに会えて、ほっとする。

12:00 会合終了。隣にあるミュージアムへふらりと入る。
      子供達と一緒なので、もちろん駆け足だが、想像より質が高い作品もあり、非常に満足。

12:45 ミュージアムを出る。家へ向う
13:00 マネージャーのJがくる。報知器の電池を換えてもらい、コンロを直してもらい、網戸をつけてもらう。
その間、子供達にきゅうりを切っただけのものを与える。保険金請求書に書き込む。

13:50 Jが帰る。エンジンオイル+フィルターの交換へ行く。
今日も、オイルのほかに、ウォッシャーの充填、あと何かしらないけど何かのフィルターの掃除などを無料でしてもらった。25ドル。

14:30 その足で図書館へ。その後、リサイクルへ行く。(旅行中のペットボトルを捨てないで全部持っていく。3ドル→子供達のお小遣いへ)

16:00 遅い昼食。ごめん、子供達。

17:00 買い物。

18:30 夕食。

 タイヤを一直線に並べるのをするなら、全部タイヤを替えた方がいいと言われました。ロードノイズがOKなら、そのまま乗ってもいいけど、と言われました。タイヤ全部買うと思います。あ~~痛い出費!!

 もう一つ痛い出費は、眼鏡。直し、直し使ってきましたが、ついに旅行中に壊れました。さようなら~~~。処方箋はあるので、あとは買うだけなんですが、眼鏡って高い(><)。

 あと、なぜか今になって気がついた事実。
日本の免許、アメリカにいる間に更新が来てしまう・・・・。
まぁ、切れたところで、実技や筆記は免除されるので、それは問題ではないのですが、帰ってすぐに車に乗れないというのは、ちょっと痛いなぁ。アメリカで国際免許を取るということも考えています。それもお金がかかるぜ・・・。

 ちなみに主人はゴールド免許なので、滞在中に更新が来ません。

2006.07.18

イエローストーン国立公園+ロッキーマウンテンへの旅

今日は、グランドティトン国立公園へ行きます。
 実は、前々日と前日レンジャーの方々(+通りがかりの人)から、ムースが出る場所を聞いていたのでした。イエローストーン内でも、数週間前の朝、ルーズベルトのところで見たという情報がありましたが、前日通りがかりの人が、グランドティトンのジェニーレイクのトレイルで3回も見たという情報が入り、ムースを見る野心を燃え上がらせていました。

 私(←ムースが見たいために、一秒でも早く入園したい人)
主人(←もともと旅行計画に組み込んでいた公園。カワウソが見たい人)

 ところが、イエローストーン内の川で毛皮の頭が浮いていて、真下へ沈んだのを見つけてしまった我々夫婦。アクセルをそのまま踏み続ける私と、戻って確かめたい主人とて約2分ほどもめました(あははは)。結局、戻りましたが、すでに時遅し。カワウソらしきものは、いなくなっていました。自然にいる動物というのは、だから出会いが貴重なんです(言い訳?)。

 イエローストーンとグランドティトンとは、ほとんど離れていないのですが、公園に入る手前で、キツネをみました。白っぽいキツネでした。それから、鹿の親子を見ました。
 
 親
yellow6-1.jpg


 子
yellow6-2.jpg


 グランドティトンへ入園。凛々しい山並み。
 yellow6-3.jpg


 yellow6-5.jpg


yellow6-6.jpg


 ジェニーレイクのトレイルが非常に長いことが分かる(主人は知っていたが)。お船で渡ることにする。

 yellow6-7.jpg

yellow6-8.jpg


 yellow6-9.jpg


yellow6-10.jpg

yellow6-11.jpg


 ダムの川のところで、子供たちを少し休憩させようと車から降りると、何かがいるよ(よく聞こえなかった)と手招きする男性がいた。怪しみながら近づいていくと、突然ムースが目に入ってきた。

 ムースは、このあごヒゲが特徴。若いオスのようだ。
 yellow6-12.jpg


yellow6-13.jpg


 夜7時まで待つつもりだったので、こんなに早い時間に見れるとは。
私も他の人にムースがいることを教える。

 おじさんありがとう~~グランドティトンありがとう~~。 

 ここのペリカンは、優雅だった。ダムの傍まで飛んで来て、川に浮いたら、川の流れに身をまかせ、ぷかぷかと流れていくのであった。
 yellow6-14.jpg


 盛りだくさんの一日でした。

イエローストーンとグランドティトンは、最高だ~~☆☆☆☆☆

Posted at 12:21 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.18

イエローストーン国立公園+ロッキーマウンテンへの旅

 今日もイエローストーン。イエローストーンと呼ばれるようになった理由である、キャニオンへ行く。子供がぐずるので、主人と交代で見に行く。
 確かに、黄色い岩盤が見える。滝も見える。なるほどー。

 湖へ行く。琵琶湖の半分の大きさだって。

 
yellow5-1.jpg

yellow5-2.jpg


 そして、楽しみにしていたold faithful Inn♪
『地球の歩き方』に載っている写真と同じのをわざわざ撮る嬉しがりな私。お部屋のランプ。
yellow5-3.jpg


 あちこち行って子供達は、車での移動に飽きてしまった。お部屋で遊びたいという子供達。どこかへ行きたい私。しばらく休憩したい主人。
 
 では♪ということで、Old faitful Inn を案内しているツアー(無料)に参加。品の良いおばさまがこのInnの歴史や造りを教えてくれる。

 たとえば、設計士は、29歳の若い男性(もう名前忘れた)であることや、このInnを造るのにイエローストーン国立公園内の木や石を使った(もちろん、今は禁止されている)ので、非常に安くで建てられたことなど。
 時計の文字盤の4が、普通のローマ数字とは違うことなど。
yellow504.jpg

 ドアの裏のベルを見たり、外に出て窓のつきかた(アンバランスになっている)を見たり。

 外に出ている時に、ガイザー噴出。
 yellow5-5.jpg


 いいツアーでした。

 さて、温泉といえば、日本人としては入りたいもの。
「地球の歩き方」に、Boiling Reverと看板が出ていると書かれていたが、昨日はたどり着けなかった。燃え上がる私。
 ビジターセンターのレンジャーに尋ねたところ、看板は、道路には出ていないとのこと。何個か目印を聞く。
 執念で見つけた(笑)~!!
湯気(↓のところ)がお分かりいただけますでしょうか。
 yellow5-6.jpg


(Boiling Reverの看板は、トレイルヘッドのところにありました。)

 温泉と川が混ざっています。ワクワク♪♪
 yellow5-7.jpg

 川上と川下の2箇所温泉が川へと流れ込んでいました。
最初川上の方へ入ったのですが、あっつ~~~い温泉と、氷水のような川で、完全に2層に分れていました。足元寒くて、上だけ熱いという状態です。子供は、寒いと言うし・・・。これが、自然というものだなと思っていたら、2層になってて、寒いねぇと話しかけた人が、川下はもっと均一的な温度になってるって言ってた人がいたわよって教えてくれる。少しでも状態が良くなるならと、速攻で移動。

 川下は、堀りが深くなっていて、均一な温度になっている!!これぞ極楽。温泉好きな私は、よく「源泉」の温泉とかにこだわっていたけど、これ以上の「源泉」があるだろうか。30分以上入っていたが、日が傾いてきたので、後ろ髪を引かれる思いで出る。

 駐車場まで、5分くらい歩かなければならないが、足のつま先まで身体がほかほか。
 
 素晴らしい場所なのに、表立って看板を出さない理由も分かった。
人が入るたびに少しずつ川が浸食されてしまっているのだ。人が入っていく場所を自然を自然のままに保つというのは、難しいことだ。

 一番近いレストランへ飛び込む。色塗りにいそしむ娘。
 yellow5-9.jpg


 おいしいご飯でした。これは主人のお皿ですが、イカのフライです。
もう1皿くらい余裕で食べられる味でした。
 yellow5-10.jpg


 夕闇の中の道を宿へと戻ります。
夕闇のイエローストーンは、息をのむほど美しい。池は、ギラギラと銀色に輝いて、山も静かに呼吸している。白っぽい月が明るく見える。

 朝から夕方まで、たくさん楽しませてもらったイエローストーンでした。

Posted at 10:51 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.10

イエローストーン国立公園+ロッキーマウンテンへの旅

 今日も張り切って、朝8時にモーテルを出発。といっても、2分でゲートへ到着。

 昨日は、温泉を中心にめぐったので、今日は野生動物が見たい!
すぐに、鹿を発見!嬉しいー嬉しいー。

 車からだけど、近い。
yellowstone4-1.jpg


 張り切って、マンモスホットスプリングへ向かう。
が、昨日より主人の体調が良くない。目に入った、診療所へ連行(笑)。
他に人もおらず、快適に待つ。
yellowstone4-2.jpg
やはり、病は気から。原因がわかって、安心した模様。なんとお薬もその場で出してもらえた。
外に出ると、メスのエルクを発見。

 温泉の成分であたりが真っ白。
yellowstone4-3.jpg


 自然の階段。精巧で美しい。
yellowstone4-4.jpg


 マウンテンゴートを発見。(黒丸で囲っている白い動物)ちなみに、倍率は、最大の12倍率。
yellowstone4-5.jpg


 この山羊さん、こ~~~んなところへ登っています。どうやって・・?(黒丸で囲っている白い動物)3倍率。

 yellowstone4-6.jpg


 隊長!バイソンを発見しました!こんなに近くにいても、双眼鏡で確認。
yellowstone4-7.jpg

 大きくて、りっぱ。
 yellowstone4-8.jpg


 ベイビーバイソン
 yellowstone4-9.jpg

 バイソンは、あちこちで見ることができました。バイソンが車道を横切るために起こるバイソン渋滞も経験し(笑)、川を泳ぐ親子バイソンも見ました。

 ついに、エルク発見!なんとりっぱな角。美しい毛並み。
 yellowstone4-10.jpg


 他にも、鶴、がちょう、ペリカン、リス、白黒の鳥(名前わからず)を見ました。幸せ~~~~♪

Posted at 12:35 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.09

イエローストーン国立公園+ロッキーマウンテンへの旅

7月6日
 初日。朝5時40分出発。数日前より話していたため、興奮して娘は起床(その後もちろん寝ました)。主人の運転でネバダ州elkoまで。

7月7日
 ユタ州のソルトレイクシティへ。
20060709125747.jpg

 塩~塩~塩~~っ!真っ白。蜃気楼で、島の端の方が浮いているようにも見えて、面白かった。

 テンプルスクエアへ。モルモン教徒の建物。どの建物も綺麗。それどころか、花壇も道路も、噴水も枯葉の一枚も落ちていません。
 mormon2-1.jpg


 このスクエアの向かいにあるビルが、まるでダイヤモンドシティ(ジャスコ)すごく懐かしくて、嬉しくなった。アイスを食べたり、ポテトを食べたりする。

 雲を見ていると、自分もふわりと浮いているように思える。
20060709125815.jpg



Posted at 13:05 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

車の維持費

 車の維持費が高くて困ります。
燃費が良い車とは言え、1ガロンあたり最近は3ドル04セント程度。
一時期よりかは、値段が下がりましたが。旅行中だと、1~2日に一度は給油し、普段の生活でも1週間くらいで一度は給油します。

うちの車で、満タン18ガロン超入れると50ドルになります。

あと、エンジンオイルの交換。3000マイル(約5千キロ)毎に交換していますが、例のN●●E●●だと、断っているのに、ウィンドウォッシャーや冷却水の補充、空気圧の調整などを勝手にして、請求金額をあげてくるので、一度につき50ドル超払っていました。(タイヤの空気圧調整までお金取るんですよ、信じられない。そんなのコスコで無料でやってくれるわ)しかも、エンジンオイルの交換って日本では、最短で3ヶ月、普通5ヶ月毎くらいだったから、月1以上の今は、それがかなり経済的に負担。

 何度言っても、止めないので、今日はリッチモンドにあるMの知り合いがやっているところへ行きました。

 リッチモンドでは、うちの車明らかに浮いてるし、車屋さんでも、アフリカンアメリカンからガン見されますが、なんと、(エンジンオイルの)フィルター交換+エンジンオイル交換(+トランスミッションオイル補充(おまけ)+空気圧調整(おまけ))で、合計25ドル!安い!!しかも仕事は正確でテキパキ。

 治安が悪いのは、明らかなので、Mの知り合いが勤務している時しかも昼間だけに行くことにしようと思う。

 あと、明日から長期旅行へ出るので旅行後になるけど、タイヤを一直線に並べなおしてもらわないといけない。今日何軒か値段聞いたけど、タイヤ4本調整で、75~89ドル。高っ~~~~~い。(一軒だけ、2本調整もしてくれるというので、そこで頼もうと思っています。値段は詳しくはまだ分からず(下請けにさせるそうです))
 
 前々からタイヤの減り具合がおかししいなぁと思っていたけど、素人だから原因がわからなくて、新しいタイヤの購入を考えていたんだけど、先ほどの車屋さん(Mの知り合い)が、後輪のタイヤがまっすぐになっていないことに気付いて、教えてくれた(すごく親切ですよね)。どおりで両手をハンドルから離すと真直ぐ走らないわけだ。あと、そのために、徐々にタイヤの凹凸の差が出てきて、ロードノイズが出てきたのよね。原因わかって、不安解消。あー、一刻でも早く調整に出したい。

 さすが日本車だけあって、故障とかは全く無いんだけど、日本にいる時より走行距離が長い為、お金が沢山かかります。アルティマちゃん可愛いし、家族の命を乗せてるので常に最高の状態にしておきたいっていうのもあります。

 調整ができないまま、出発するのは、心配で、気持ち悪い感じがするのですが、前述の通り、明日よりイエローストーン国立公園などを中心に、旅へ出ます。
 
 お金が無い割には、よく旅行へ行く家族です。

Posted at 16:07 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

ヨセミテ+モノレイク+シャスタ6日め

シャスタ山へアプローチ。
看板などが出ておらず、迷う。

最も山に近いゲートが閉まっており、断念。
少し写真を撮るなど。

今回は呼ばれていなかったということか。

予定変更で、家まで帰ることに。
4時間の運転。休憩無し。さすがに肩がこりはじめる。

休憩して、子供が起きて、ぎゃーぎゃー言われるよりは、休憩なしで帰ったほうがイライラしなくて済む。だから、こうなる。(主人が運転をすると休憩が多いのです)

vacavilleのアウトレットで、服を買う。スタバでコーヒーやらジュースやらを買う。運転手交代。
無事帰宅。

今回は、初めて、食事を全て外食にしました。
ご飯を食べなくても発狂しませんでした。やっぱり夕ご飯作らないとかなり楽。子供達も、ポップコーンやら、ハンバーグやら、フライドポテトやら、普段あまり食べられないものを食べれて喜んでいました(但し、直後に「ご飯は、まだ~?」などと聞いてくる「これが、ご飯です」)

 

Posted at 08:57 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

ヨセミテ+モノレイク+シャスタ 5日め

なんか日にち間違ってるような気が・・・まぁ、いいか。

シャスタへ向けて走る。
ベストウェスタンが、今までで最も素敵。
お部屋も3階だったので、天井が非常に高く、窓からシャスタ山が見える。プールも素敵で、室内の温度も暖かく、プールの温度も人生で最も暖かかった。ジャクジーも広くて快適。

明日は、シャスタ山に呼ばれるのだろうか。

Posted at 08:47 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

ヨセミテ+モノレイク+シャスタ 4日め

キャッスルレイクへ。
この日は、立ったり座ったりする時に、頭がガンガンするので、大人しく座っている。子供達は水遊び。

d4-1.jpg


d4-2.jpg


d4-3.jpg


d4-4.jpg



Posted at 08:42 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

ヨセミテ+モノレイク+シャスタ 3日め

記事書いたのに、消えてやる気無くしたので、写真だけでも頑張ってアップ。

d3-1.jpg

d3-2.jpg

d3-3.jpg

d3-4.jpg

d3-5.jpg

d3-6.jpg



Posted at 08:41 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

ヨセミテ+モノレイク+シャスタ 2日め

 ヨセミテ国立公園のポイントをいくつか見る。
カメラのバッテリーを充電しわすれて画像無し。

 ヨセミテ滝をバックに、撮影の準備をしている人たちを発見。
ゴリエちゃんが出てきた。アメリカ人の空気全く変わらず。最後まで何の撮影か分からないんだろうな。ペコリナイトみたいな、次のCD出すのかな。

 今日も走りに走る。
Taiyoga pathはとても綺麗。初春を思わせる。空気も澄んでいて冷たい。

モノレイクも見る。



Posted at 08:30 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

ヨセミテ+モノレイク+シャスタ

6月28日から7月2日までヨセミテ国立公園+モノレイク+シャスタ山へ旅行に行きました。

 朝5時半出発。眠い。皆が寝る中、休憩なしで車を飛ばす。
4時間かかるといわれているヨセミテまで、3時間で到着。意外と近いな。

 有名なポイントでは無い小川とかが澄んでいてとても綺麗。
自転車を借りてヨセミテ滝へ。つーか、自転車は、ハンドブレーキが無くてペダルを反回転させて止めるってこと、誰か教えてよー。貸し自転車屋のお兄ちゃんに聞いても、足でズザザザーと止めるって教えられたし。そのことを知らなくて、結局子供用の自転車を借りる(笑)。

 ヨセミテ滝は、傍で見てこそという信条のもと(ただの水遊び好き)、カッパを着て、ケモノ道を登る。降りてくる人はプールに浸かったように濡れいてる。水しぶきがすごい。この滝に流されたらと思うと怖いくらい。

 ヨセミテは、最も国立公園ぽくない公園だと思った。
普通国立公園はその景観を保つため、トレイルの道意外に歩いたり入ってはいけないのだが、ヨセミテでは、みんな入りまくり。泳ぎまくり。食べまくり。ボートで川くだりしている人もいて、すごく楽しそう。次回はボート持参で来たいと思う。

 グレーシャーポイントでは、バスで来た日本人観光客一団が、ハーフドームを眺めながら昼食会。景色が綺麗なところで食べると、美味しいでしょうね。

 とにかく驚かされっぱなしでした。

良い意味で、すごく身近に感じて楽しめる国立公園だと思います。

 今度はキャンプしたいな~。

夜はwawonaのホテルのレストラン。子連れ入場拒否かなぁと思うくらい、由緒正しきホテル(だと思う)。レストランは、子連れ拒否くらいどころか、スタッフが皆驚くほど親切でした。

数十分待たされるとのことで、主人がその間買出しに行ったのだが、主人が戻ってくる前に、庭で遊んでいた私たちへ声をかけてくれた。親切ー!主人が遅れて来ます、いいですか?と聞くと、
「もちろんです。こちらこそ、ご主人がいらしゃらないのに、お呼びしてごめんなさいね」って!!(@@)

そして、食事の注文時、主人が「コーヒー下さい」て言ったら、
「かしこまりました」(@@)(@@)かしこまりましたって、アメリカ来てから初めて聞いたよ!

キッズメニューでも、うちの子たちには大きいので、1つ頼んで分けますって言ったら、2つの皿にあらかじめ分けてくれていた!!わぉ。

胡椒は、電動胡椒挽き機で挽いてくれるんだけど、私が間違って主人のお皿を自分のだと言って、胡椒お願いしますって言って、主人が自分のだと言って、間違いだとわかったとき、レストランの人は、
「申し訳ありません。胡椒がお好きだと良いのですけど?」と腰が低いながら、勤めて明るくとても感じが良かったです。

 子連れで外食して、気が楽だったのって、ここが初めて。 

Posted at 08:21 | | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

娘&息子の英語(覚書)

Where are you goning here?
What's your name?
Fist of all,,,,
boyfriend
♪we wish a marry chirstmas,,,
I got it.
You're gonna,,
spanish
ウノ、ドス、トレス(スペイン語で1,2,3)
Monday,Tuesday,Wednesday,Sunday
Seal
Anteater
Walrus
sticker


以上 娘。

●uckin'
No,●uck you.
Come on!

以上 息子。この歳で伏字って・・・。男の子って皆こうなのでしょうか。昨日品行方正な男の子達を見ただけに、ギャップが・・・・。

文法的な間違いはありますが、娘は最近頑張って他の子とのコミュニケーションを取ろうという姿勢が見られます。がんばれ、娘。

Posted at 05:43 | 育児 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.06

息子語録

 磁石で描くお絵かきボードにパパが「Steinway」のロゴが入ったピアノを描いてくれた。
 それを見た息子、「Safeway(近所のスーパー)って書いてある~~♪♪」と喜んでいたorz 高級ピアノが一気に安物に。

 

Posted at 05:35 | 育児 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.05

秘密結社

 今日は、7月4日独立記念日。
我が家では、▼の秘密結社集合日でした(ただのパーティー)。

20060705145105.jpg



お出ししたのは、ハーブサラダ
salada.jpg


鳥と豆腐の団子
chichen.jpg


ズッキーニとハムの柚子こしょう和え
cu.jpg


トマトの甘煮
20060705145214.jpg


チリビーンズ
chilli.jpg


私には、珍しく一つの本(「きちんと作る」)からひっぱってきました。

男の子が4人も集まれば、熱心に新幹線のリモコンの研究。
boys.jpg


完成したトンネル
shinkansen.jpg


秘密結社の内容は、充実しておりました。
K博士は、経済学者らしくずばずばと私の質問に答えてくださりました。
レフェリーしたからと言って、自分の論文がアクセプトされやすくなることは無い等。経済学では、論文を載せるのに、数年かかるのだとか。▼内の派閥についても伺うことができて有意義でした。あまり書くと危険なので、止めます。

 ここカリフォルニアでは、ナパやソノマでワインを作っているのでアルコールはワインでなくちゃという雰囲気がありますが、今日は、私は好きなものを好きなだけごくごく飲ませていただきました。

 ちょっと頭が重いです。おやすみなさーい。

2006.07.05

oakland zoo

オークランド動物園へ行ってきました。
シャスタから家まで走って、さらにオークランドズーまで往復できるなんて何て燃費のいい車なんでしょう。

私が気に入っているワニさん
al.jpg


ぞうは、樹の皮を鼻でくるくると巻き取りながら、食べていた。
el.jpg


黄色いカエル
frog.jpg


触っちゃった!
frog2.jpg


キリン
gi.jpg


昼食後、遊ぶ子供達(M家と)
oaklandzoo.jpg


それにしても、チルドレンズズーがなかなか完成しませんね。
亀の置物も、なぜかまた外されているし、カエルの置物も再び、進入禁止になっていた。

2006.07.05

トイレトレ

 トイレトレーニング完成しました。(と言って良いと思う)

 旅行中パンツを履かせるかオムツにするかで一瞬迷いましたが、以前の失敗(飛行機でオムツをはかせたら、教えてくれなくなった)を活かし(?)、パンツで強行。結果、大成功。全てのおしっことうんちを自分から言えました。やった~。

 でも、万が一のためにチャイルドシートにタオルくらいひいておけば良かったのでは?まぁ、でも結果オーライっていうことで。

 もともと夜中のおしっこが固い息子が、娘(4歳)と同時に、夜もパンツデビュー。娘は時々おねしょをしているが、息子は旅行前よりパーフェクト。オムツの消費量がゼロになりました。やったー!

 

Posted at 05:44 | 育児 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.04

週末 男の手料理2

旦那のチャーハンは美味しいよ。
chahan.jpg


ポテサラ。
potato.jpg


冷麺。久しぶりに食べて、美味しくて涙が出そうだった。
日本では、夏になると週1ペースで出すので、飽きてきて、「ゴマダレ」とか「盛岡風」とかそんなのを食べてたけど、普通の何の変哲も無い冷麺が美味しい。皆で日本のスーパーを思い出す(笑)。
reimen.jpg


 近頃、主人はきざみ生姜にはまっている模様。

Posted at 14:56 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.04

新しい仲間

 6月最終日曜日よりorange家に仲間入りした














 です。
 pig.jpg

 重さは、(推定)30kg程です。

 ここの奥さんが、ゲイパレードの日に子供達が賢くお留守番をしていた(正確には、ご主人もろともM家にお世話になっていた)ので、おみやげと称して、買われました。娘さんは、素直に喜んでくれました。

 でも、本当は小銭が無かったので、お札をくずすために、買われたのです。特技は、かくれんぼです。

 僕は、どこでしょう?ちょっと難しいかな?
 pig2.jpg


 今度のは、かなり難しい。
pig3.jpg



Posted at 14:50 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。