--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.25

太ってるからこそ、走るんだ

 マラソンを終えてから、しばらく燃え尽き症候群だったけど、
2月初旬からまた泳ぎ始めました。右腕の筋肉の怪我が治っていないので、パワー全開とはいきませんが、膝の負担を減らすため、体重を減らさないといけません。

 2月下旬に早朝のヨガクラスへウォーミングアップ無しで参加したところ、左膝のお皿のところにある筋を激しく痛めてしまいました。

 もともと、重い体重のまま走ったりして、きわどい状態だったところへ、最後の一撃を食らわしてしまったのではないかと思います。

 この膝で走ることは危険すぎるので、泳いでばかりいました。

 でも、なんかストレスが溜まる!!

 思い切って、ベルトコンベア(笑)の上を走ったら、気分爽快~~!!

 ということで、今日も走った後、泳ぎました。たまたま会ったLに、よく運動するからいい体型なのねと言われました。
(補足ですが、私はアメリカ来てデブになりました。アメリカ来て、10パウンドちょっと増えたのよ~て言ったら、Nさんドン引きしてましたから。)肥えたのは、私だけではありません。主人も、この間日本から来た同僚の人たちに、太ったと言われてました。しかも、日焼けしてたので、ベトナム人に間違えられてたし!!ひ~お腹がよじれる~~!

 やっぱり、私の生活から陸上を切り離すことはできない!
日本に帰ったら、10キロレースを走るのが目標です♪

 
スポンサーサイト

2007.03.25

お昼ごはん、夕ご飯

Iがお昼ご飯をご馳走してくれるというので、ちゃっかりお邪魔。
いつも、ベール(?)を被っているIが、家の中では被っていなかったので、ちょっと驚いた。外に出る時だけ、被るのかな。

 Iは、お国の料理、インドネシア料理を作ってくれた。ライスは、固めて切ったようなもので、野菜の掻き揚げ、サラダ、デザートは、ココナッツプリン。どれも美味しい。息子も喜んで食べる。娘は、シャロットを揚げたものが気に入ったようで、何度も食べる。

 Iは、いつもうちの子達と遊んでくれる。子供達もIが好きだ。
息子はつたないながらも英語でずっとIに話しかけ、遊んでもらっている。文法も全く知らないのに、何でも吸収してしまう子供って恐ろしいなぁと思う。と同時に羨ましい。

 所変わって、このあいだLファミリーとMファミリーを呼んでの夕食。
今回は思い切って、「Japanese food」では無く、「和食」を出す。なんと、蓮根、牛蒡、蒟蒻、里芋が入った煮物を出したのだ。それぞれについて、これは何かという質問を十回以上聞かれたが、みなさん根性で食べてはりました(笑)。後は、鮭のオーブン焼きとか皆が食べれるものを出しましたけど。

 ちなみに、子供達には最初からサーモンのクリームパスタを出しました。

 食って深い。

2007.03.25

Nut tree park

Nut tree parkへ行ってみた。(営業日に注意!)

 チケットは、10枚組み、20枚組みがあるが、バラでも買える。 

 電車。
316271.jpg


 メリーゴーランドがおもしろい。横についているだけなら、親はチケットを払わなくて良い。
ワニ!
316272.jpg


 ライオン
316273.jpg


 象
 316274.jpg


 一番好きなのは、お尻にアヒルをつけているカエル
 316275.jpg

全部生き物の乗り物。

 ローラーコースターもある。身長制限あり。
 316276.jpg


 無料の木馬。
 316277.jpg


 それにしても、この辺りはいつ来ても灼熱。私も息子も帽子をかぶっていたが、頬が真っ赤になってしまった。

2007.03.23

バレエシューズ

早いもので、娘のバレエシューズがもう小さくなった。

 ロックリッジにあるバレエ用品店へ。幾つか試着して、決める。
314274.jpg


 小さなバレエシューズ。
 314275.jpg


 お昼過ぎになったので、近くの飲食店を探す。怪しげな日本食屋があったが、娘に拒否され、じゃぁどこがいい?と聞くと迷い無くバーニーズ(Barney's Gourmet Hamburgers)を指差す。

 店内はいい感じ。ソラノのBarney'sより店員(ほとんどがメキシカン)がフレンドリーで好き。子供にも、すぐにactivity paper?とクレヨンをくれる。

 暑さで顔が火照っていたので、シェイクが冷たくて、美味しい。冷静に見ると、後ろの娘と比べて、シェイクがデカイ。
 314272.jpg


 肉にみえるが、実はベジー。アボガドとかの野菜が揚げられたもの。めちゃお薦め。
 314273.jpg



Posted at 07:15 | 育児 | COM(0) | TB(0) |
2007.03.21

Benicia

町探検~。
313271.jpg


313272.jpg


すごく落ち着いた町。

海の左手に見ながら歩く。
313273.jpg


 ふらりと入ったスタバで大発見。
子供が飲むから適当な温度にすることってできる?て聞いたら、
店員「あぁ、child temperatureのこと?」だって!!
child temperatureなる単語が、マニュアルには書いてあるのだろうか?
今度近所のスタバで、この単語が通じるか試してみよう。

証拠写真↓ chはチャイの略。華氏120(48度)にしてくれたよ。 あー、これならすぐごくごく飲める。いや、もちろん子供が大半飲みましたよ。
313275.jpg



2007.03.21

主人の誕生日パーティ

子供の遠足やら来客やらでどたばたしていた今月初旬。最大のイベントは、主人の誕生日パーティ(サプライズ)の準備(笑)だった。

 まず、招待する人。Kさん家族を除いて、名前以外電話番号もメールアドレスすらも知らない。最初は、途方に暮れた。(主人は知っているが、私が主人に聞くわけにもいかず)。ありとあらゆるツテを頼りに、連絡をなんとかつける。(ある人の場合は、待ち伏せして怪しまれて、もう少しで通報されそうだったことは伏せておこう(ははは…))

 直前になって、主人が仕事場へ行かない事が決り、慌てて会場を我が家へ変更。

 子供たちが来るので、プロのクラウン(ピエロ)を雇った。
マジックショーに始まり、本格的なフェイスペインティング(めちゃくちゃ上手だよ!)、バルーンアート。

312271.jpg


子供のリクエスト通りに作ってくれるよ。
312272.jpg


3122.jpg


 大人がびっくりしたのは、蜘蛛。風船でできてるのに、気持ち悪がる人もいたくらい。

 大人は、私の用意したゲームをしたり。話したり、食べたり、飲んだり、笑ったり。

 私が作ったケーキは、主人の仕事に関係するものに見立てたんだけど、誰も気付かなかったということは、さておき(笑)、平日の夜なのに、沢山遊んだのでした。

 来てくれたみんな~~ありがとう~~!!

 私が雇ったクラウンは、こちらから→Buki


2007.03.16

鯨を見に

 スケートを子供5ドルで滑れるイベントがある日だったが、なんとなく今日は鯨が見れそうな気がして、ポイントレイズへ行く。ちなみに、今まで一度も見れたことが無い。

 ビジターセンターの中に架かっているシャチ。
310271.jpg


 ビジターセンターの女子トイレから中年男性が出てきた。「覗き」か「窃盗」目的だよね。こういう時、どうしたらよいのでしょうか。私こういう変質者に出会う確率が高いのですけど。この人は、一見すっごいまじめそうなおじさんで、奥さんもいるみたいだったけど。

 くじらを2時間は待つつもりだったので、軽食を買ってシャトルバスに乗る。すぐに岬でサンドイッチを食べ始める。

 レンジャーが、近づいてきて、鯨の口にある櫛のようなもの見せて娘に聞いたら、娘はちゃんと「Teeth!」って答えてました。レンジャーも「そうそう、歯のようなものだよね、baleenって呼ばれるんだよ」。鯨が食べるオキアミを見せてもらったり。私がblue whaleは一日何トンくらい食べるのと聞いたら、沢山ある書類をいろいろ調べて「ワンシーズン○○トンだから、一日1トンくらいだと思う」と答えてくれました。家にあるニモの本によると40million のkrill(オキアミ)を一日に食べるらしい。40millionて4千万だよね?1トンで割ると一匹2.5g。一匹2.5gは重いから、一日食べる量は1トンより少ないかな。まぁ、それでもよく食べること。


 それから、鯨の泳ぐスピード、一日何マイル泳ぐか、呼吸には、通常3回連続して上がることなどを教えてもらいました。

 しばらくすると、今度はレンジャーが「1マイル先でメスの鯨が北上してくるのが見られました。このごく近くで浮上する可能性が高いので、注意して見て下さい」とアナウンスしてくれた。

 私もサンドイッチを食べ終え、お菓子を子供達に配り始める。
そして金網に張り付いて待つと、鯨がすぐに浮上!!ひゃー、鯨見ちゃったよ。こんな近くで!!皮膚についている貝も見えた。

 大満足で、シャトルバスで駐車場へ戻り、カフェでまた食べる。
海で子供達を遊ばせて、帰る。
 
 3月の中旬は鯨が北へ帰っていくピークです。鯨を見に行かれるなら、今!!ですよ。個人的には、午前中より昼過ぎの方が見れる確率が高そうな印象を受けます。

Posted at 02:49 | 観た・見た | COM(0) | TB(0) |
2007.03.16

Disney on Ice

を見てきました。子供の喜ぶ顔が見たくて。

 前の方の席だったので、カメラのフラッシュが届きました。
33271.jpg


 うちの家族が大好きなMr. Incredibleが話のメインだったので、子供も喜びました。台詞も、どこのシーンのを使ってるかも分かったし。ただ、Mr.Incredibleを知らない人には、さっぱり分からないということになった模様。(YのスタッフCは、知らないのでいまいちだったと言ってました)

 ミッキーたちに会うお金180ドル。子供の笑顔 プライスレス ってことで(笑)。

Posted at 02:15 | 観た・見た | COM(0) | TB(0) |
2007.03.15

South Pacific

KQED(テレビのチャンネル)でSouth Pacific(ミュージカル)が放映されてました(カーネギーホールでサンクスギビングの時に上演されたもの)。

 もう素晴らしい!!声がいい!!パフォーマンスも素晴らしい!!子連れ男性との恋愛との葛藤とか、人種を超えた恋とか、愛がぎっしりのお話。

 ただ、第二次世界大戦の時の話なので、日本は敵国として出てますが、それでも良いものは良いと素直に認めたいと思います。

 また見たいなぁ。

Posted at 14:09 | 観た・見た | COM(0) | TB(0) |
2007.03.09

スパムメール対策

 ある人にメールを送ったら、
「スパムメール対策のために、私が受け入れた人だけがメールを受信箱に入れれるようになっています。以下の手続きをしてね」と自動メールが返って来た。えー!!スパムメール対策は、ここまでしないといけないようになってるの?

 EarthLinkが、会員、非会員、それぞれに有料無料のソフトを提供している。

 とりあえず、メールを送らなければならないので、どんな関係の人間か、数字や文字を読み取って入力したりして、フォームを完成させる。

 人によっては日に万単位でスパムメールが来るらしい。
そういう人にとっては、相手の一手間で、自分の時間がセーブできて良いのかも。

2007.03.09

Tilden Park

すごく久しぶりに、Tilden ParkへNさんとお子さん達で行く。

 持って来たレタスをヤギ、牛、アヒル、鶏にあげる。
前は、恐怖心が強かった息子も「食べてくれた~♪」と喜んであげている。

 それから、visitor centerへ。この辺りの水に関係する歴史も学べるようになっていて、鉄製の長い棒のようなものを見つけた我々。これなんだろうねぇ、と頭を捻っていたらNさんの長女Cちゃん(9)が、
これは、「「Branding from・・」て書いてあるから、牛に焼印をつけるものだね」。

 「そうなんだ。brand(ing)なんて単語知らないわぁ」と私が言ったら、Cちゃん「うん、だってブランドって言うでしょ」

 ~~~~~!!!!~~~~~

そうだそうだ、ブランドってそこから来てるんだ!まさに目から鱗。
大人2人が子供(9)から目から鱗の単語を教わった瞬間。

 brand ・・・焼印を押す

それから、冬眠 hibernate も教わった。

 私も小学校で勉強しないといけないな。

Posted at 02:55 | 育児 | COM(0) | TB(0) |
2007.03.08

レモンバー

 一面の菜の花。
31271.jpg


 息子が、ひどい風邪を引いた。激しい腹痛と、右耳がすごく痛くて、狂ったようになっている。
病院に朝一で電話したら、なんと9時40分に予約が取れた。

 2人を連れて帰ってきたら10時過ぎ。あーー買い物も行ってないし、行けないし、薬も取りに行けないー。

 Mさんに、寝ている息子とPBS Kidsのサイトのゲームをしている娘とのお留守番を頼む。急いで薬局へ薬を貰いに行くも、薬の調合に時間がかかっていた。

 家に帰ると11時過ぎだった。お茶も出していなかったので、「お茶でも、ケーキでも!」と引きとめようと頑張ったが、「いいのよ~銀行いかなくちゃいけないし」と言って、Mさんは帰ってしまった。

 お昼過ぎMさんが、レモン(無農薬)を持ってきてくださった。いつも色んなものを頂く。レモンだけでも、総計50個は確実に頂いている。
 
 このレモンを活かしたケーキを作りたい!!すぐに作り始める。レモン汁もレモンの皮も沢山入れたレモン バー。

 35272.jpg


 お菓子作りがプロ並のMさんに持って行くのは、ちょっと勇気がいるが、思い切って持って行ったら喜んでくださって、親に誉められて、自分を誇りに思う子供のような気持ちになった(笑)。

 端っこを食べてみた。端はカリカリしていて、好き(笑)。
 35273.jpg



2007.03.08

見た見た、見た見た、これも見た!

 You-TubeからレンタルDVDまで沢山見た。

 まず、「バベル」。日本のシーンがすごい。本当に日本で撮影されてるし、日本の若者文化をよく調べて丁寧に描けてる。この部分を高く評価。

 「Family Guy Season 5」出ましたね~!
1と2をとりあえず見ました。楽しいです。ずっとステゥーイが好きなのかと思ってたけど、私ピーターが好きだわ。ステゥーイの声は、好きだけど。

 「Flags of our fathers」もうさ、海に浮かぶ軍艦の数見たら、あごはずれるよね。こんな国(米国)相手に勝てるわけ無いじゃんって。この島で闘った日本人の生存率は、0.01%か0.02%だったと思います。硫黄島からの手紙もあわせて見たいですね。

 それから、毛皮にされるために皮を生きたまま剥がされる動物の映像と、別のところで、KFCに卸されるチキンが、虐待されている映像を見たら、突然、肉が食べられなくなってしまった。
 
 生物は、ほかの生き物(植物、動物)を殺して食べてなければ生きていけない。私は、生きている鶏の首を捻るところから、ゆがくところまでできる。それは、スーパーで鶏肉を買うことでは決して得られない、これから自分が奪う鶏の命の重さと、感謝の気持ち、表現しがたい思いを抱かせる。鶏もそうだが、私は豚も殺して食べたことがある。それでも、ベジタリアンにはならなかった。

 それは、自分がその動物達に自分が持てるだけの感謝と敬意を持って、自分の糧としているからだ。

 だが、虐待されているKFCのチキンと生きながら皮を剥がされる動物たちには、それらが全く無い。皮は、ともかく、どこでどのように殺されたか分からない肉を口にしたという事実が、怖い。

 そう思ったら、急に肉が食べられなくなった。食べたいのに。

 「苦しくない方法で殺された」と表示されている肉って無いのかな。


Posted at 11:32 | 観た・見た | COM(0) | TB(0) |
2007.03.07

子育てしやすいなぁと思う瞬間

 また虫歯になった。ちゃんと歯磨きしているつもりで、出来る限り歯間ブラシ(フロス)もしているのに。

 電話で予約を入れたら、じゃぁ1ヵ月後にだって。あーい。

 一ヶ月経ち、予約の日になった。近所なので散歩がてら歩いて行く。

 途中にあるイタリア食材店で飲み物調達。お店の人が親切なので、何かと理由をつけて買いに行く。今日は、アッサムティー。

 レジの兄さんが、子供達に年齢を聞いたり、元気~?と聞いたり、チョコレート好き~?って聞いたりしてくれる。

 今日は、↓のチョコレートを3つもらってしまった。
 35271.jpg


 歯医者についたら、受付のおばさまがわざわざカウンターから出てきて、子供に話しかけてきてくれた。「いい子にしてたら、goodybagからいいものを一つあげるわよ~」とも言ってくれている。

 私が治療に入るとき、塗り絵とクレヨンを渡してくれていた。

 私の治療中も、他の患者さんが子供達に話しかけてくれているのが聞こえる。完全予約制なので、変な人が入ってくる心配が少ない。

 受付のおばさんは、子供達を見ていてくれて、歯科助手も先生までも時々子供を見に行っている。

 小さな小さな虫歯だったが1時間近く治療にかかった。
娘は、シャボン玉セット、息子はボールとラケットのセットをもらってご機嫌。

 今度は、少し大きめの虫歯の治療になる。予約は、一番早く空いている日で、また1ヵ月後。


Posted at 08:08 | 育児 | COM(0) | TB(0) |
2007.03.02

また地震だ!

 少なくともここ数ヶ月地震がこの近辺で起っている。
恐怖のどん底へと突き落とされる。耐震の「た」の字も無いわがアパートでは、少しの揺れでも生きた心地がしない。

 死ぬ時は、家族一緒に死にたい。娘に机の下に入るよう指示し、一人離れて寝ている息子のところへ行こうとした時には、揺れは収まっていた。ちなみに、娘は怖がって私を追ってきた。主人もなぜか追ってきた。

 防災訓練が必要ですね。

 なんか大地震までのカウントダウンが始まっているような感じ。

2007.03.01

赤ちゃんマッサージ

 今日は、象さんが横切るかもしれないお店(笑)で、赤ちゃんマッサージの講習会に参加しました。
227072.jpg


 Yで、生後2ヶ月の赤ちゃんの面倒も見ることがあって、赤ちゃんって何して遊んだらいいのかなぁ、何かできることはないのかしらと思ったのがキッカケ。LとLの赤ちゃんEとAも誘って参加。

 赤ちゃんマッサージは、随分昔にやってたことがあるけど、ほとんど忘れた(笑)。

 講習会は、10時半から12時までのロングラン。ちなみに無料。自己紹介にはじまり、説明、実技。
 227071.jpg


 私は、プラスティックの赤ちゃんを借りました。先生は、あなたのお子さんの年齢でも、してあげるといいのよって言ってました。うち実は、子供に背中踏んでもらったり、逆のことしてるよ(笑)。

 赤ちゃんマッサージは、前に覚えたマッサージの一部だったんだけど、赤ちゃんへの語りかけなど大事なことを思い出した。

 それから、子供達と近所の犬や猫をadoptする店へ。小さいわんちゃん。
 227073.jpg

 散歩のボランティアを申し出たんだけど、今はスタッフの人しかしなくなったんだって。

 面白い一日だった。

Posted at 16:00 | 育児 | COM(0) | TB(0) |
2007.03.01

ESLと遺伝子治療

 たま~にESL(非ネイティブ向け英語教室)に行ったりしていますが、そこの先生(J)とソリが合わない。完全なる冷戦状態。

 Jはネチネチした性格で、自分の思い通りに事を運びたがる。

 私は、旦那が帰宅してから家族そろって晩御飯を食べてから出席するので、だいたい40分ほど遅れる。(授業は、夜6時~9時)。
するとJのネチネチ攻撃が始まる。
 Jの性格を知っているので、自分でプリントを探して席に座ろうとするといきなり
 J「僕は君を知らない。」おぃ!あなたの記憶力は金魚並か?
先週も来ただろう!だいたい1年以上通ってるのに、まだ覚えてないのか。
 私「いや、このクラス取ってるし」
 J「このクラスに参加したこと無いだろう」無いだろうと来たか。
 私「去年も取って参加したし、今年もクラス取ってるし、参加したことあるよ」
 J「お前は、このクラスを落としているはずだ」
何の根拠があってそんな事を言ってるんだ!
 私「・・・・(好きにせいや)・・・」

 私も飛び飛びに授業に参加するので、宿題の答え合わせになると参加できない。そのためように本やら新聞やらを持ち込んでいる。それがまたJの逆鱗に触れるようで。私は、授業には精一杯取り組んでいるし、Jが子供じみた行動を取る(例えば、私にだけプリントを投げるつけるように渡し、結果机から滑り落ちるなど)なら、その点を言われる筋合いは無い。

 今日は、時々読んでいる無料の新聞「EAST BAY EXPRESS」2月28日vol.29 No.204(←見にくくなっているので、204か自信はありませんが)号を読んだ。

 The gatekeeperと題された記事は、Sangamo BioSciencesというリッチモンドにあるバイオテクノロジー会社がZinc fingerを誤り無く必要な遺伝子へ組み込める技術を開発しているというもの。


 Zinc fingerてのは、人間の身体にあるもので、多くの自然発生するたんぱく質のDNA結合部で、研究室でゲノムの特定の場所にくっつけさせることができるものである。らしいよ。

 引用
「The technology that Sangamo is banking on is called a zinc finger,and your body,right now,is full of them.Ainc fingers are the DNA-binding portions of many naturally occurring proteins,and they can be engineered in the lab to stick to precise locations on the genome.Sangamo resarchers believe they can insert them into genes without accidentally interrupting or activating neighboring genes.」

 これを利用して、癌、パーキンソン病、糖尿病からくる合併症、HIVの感染などのセラピー(治療)の実現化を目指している。

 「The company's goal is no less grand than to create therapies for some of the most debilitating diseases on the planet:cancer,Parkinson's, complications from diabetes,even infectious diseases like HIV」

 それで、会社の人は特許を取りまくっている最中。

 だから、この遺伝子治療を行ったり、さらなる開発をする場合、特許を取っているこの会社にお金が入る仕組みになっているっていうところが一つのポイントらしい。

 でも、特許で守らないと開発するモチベーションが下がるよね。製薬会社にお勤めのNさんのお話では、市場に出る薬のは、人生で1つ出せるかどうかなんだって!ひ~!会社も莫大なお金をその研究に投じてるわけだしね。

 もう一つのポイントは、「障害」と「他の人とは違っている」という境界があいまいで、どう線引きするか難しいってところ。

 まぁ、それは治療するかどうかを個人にまかせればいいんじゃないかと思いますが。

 いや~しかしあのリッチモンドでこんな開発が進んでいるとは。驚きですな。ベイエリアは奥が深いぜ。
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。