--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.03.23

幼稚園のお友達

 Oleは、息子の名前も娘の名前も、それどころか苗字まで覚えてくれている。今日も、ドロップオフしてからリン(先生)に用事があったので、園庭に出て話していると、Oleが「■■(息子の名前)は?□□(娘の名前)は?(建物の)中にいるの?」と聞いてくれた。きっと、日本だったら何でも無いこういうちょっとしたことが、本当に嬉しい。Ole以外にも子供たちの名前を覚えていて、呼んでくれる子供たちがいる。うちの子供たちは英語で他の子供と英語でコミュニケーションできるレベルでは無いので、交流があるのを見るとほっとする。交流というのは、クレヨンが届かない娘や息子に、クレヨンを取ってくれたり、おもちゃの取り合いでぎゃーぎゃー言いながら喧嘩したり(笑)一緒に部屋中走り回ったり(笑)。服が絵の具でどろどろに汚れて(こちらの幼稚園ではスモックを使わないところが多い)、頭から砂をかぶった跡があって(人に砂をかけてはダメと言っているのですが、どちらかから始めたんでしょうね・・・)、朝くくっていた髪の毛のゴムが無くなっていたりするのを見ると、今日も精一杯遊んだんだなと思って、また少し安心する。誇らしげに、幼稚園で描いた絵を見せようとしてくれるところを見ると、見送りの時に不安そうだった子供たちの顔を見て、心配になっていた自分に、教えてあげたいくらい。といっても、しばらくアップダウンがある日が続くでしょうけど(笑)。

  
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/100-e9203af8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。