--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005.11.26

 霊とかそいういうものが見える人って、いると思う。
まず、私。

 私の場合、私とつながりがある(知り合いとか友達)人が亡くなったり、亡くなる前に見えたりします。見えるというか、私の所に何かを伝えるために来ているのだと思います。

 私の場合、亡くなられる人、亡くなった人によって、見え方が違います。
 無念の死を遂げた場合(殺されたとか)、黒に近い灰色っぽいものが、うずを巻いています。友人が亡くなった時は、この灰色っぽいのが、うちの玄関に来ていました。でも、どうすることもできない・・・。急性白血病で亡くなった友人も、この形で来ました。やっぱり、自分を死に至らしめる病気をそんなに簡単に受け入れられないよね。おばあちゃんに聞くと、その友人のお墓がおばあちゃんのお墓(生前に自分たちのお墓を建てている)の隣だとのこと。見に行くと、本当に隣でした。それで、来たのかな?

 
 亡くなる直前に来られた方もいらっしゃいます。直接面識が無いのですが、自分がもう死ぬので、孫を実家に帰るよう伝えて欲しいとはっきりとしたメッセージをお持ちでした。その方は、変な言い方ですが、はっきりとした人間の姿でした。
 
 私は、どうしたかと言うと、「言わなくては」という気持ちと共に、「言ったら、私が変な人と思われるだろうし、実家が遠いことは知っているので、言い難い」という気持ちの狭間でゆれていましたが、結局保身に走り、友人には、何も伝えませんでした。翌日、その方は亡くなりました。私のこと信じて来てくれたのに、ごめんなさいという気持ちがずっと消えずに引きずっています。

 なぜ、この話をしようかと思ったかというと、先日あるおじいちゃんが亡くなった時、友人がその後自宅の中で虹を見たと言っていたからです。友人は、このおじいちゃんが虹を見せてくれたのだと言っていました。そいういう霊のようなものが見えることがあるということを知っているのか、知らないのかは知りませんが、私は、人には、色んな霊の見え方があるんだなぁと思ったのでした。

 
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/12-360d634d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。