--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.04.29

 午前中は、Lのお家へ遊びに行く。単位がKgの体重計があるので、測ってみると、娘13.9kg、息子12.7kg。娘は、日本でもそうだったが、アメリカでも成長曲線の下の線の2mmくらい上をず~~となぞる成長。ちなみに、私は48kg。あぁ、筋肉全部落ちたな。運動したいけど、ゴルフは嫌(103叩きます・・・)、テニスはしたこ無いし、プールしたいけど、YMCAのプールの水濁ってて嫌。そもそも、この体でいきなりスポーツしたら、膝痛める(体重を支える筋肉が無いから)。

 主人は、毎日40分歩いて学校へ行きます。体のキレが良さそう。羨ましい。

 はぁ、まじで何する・・・?って悩んでもう4ヶ月くらいにはなりますよね。結局答え出てないし。なんか楽しくて楽なスポーツって無いかな。ヨガって痩せるの?

 幼稚園へ行ったら、エメリーが、「○○(息子の名)、寝てるよ!!□□(娘の名)は、音楽に居るわよ!」って教えてくれた。「音楽に居るって・・?」と思ったが、別室で音楽のタイムがもたれていた。娘は、頭を床につけ、楽しそうに逆ブリッジを楽しんでいた(笑)。

 息子は、先日と同様、ロフトに転がされていた(笑)。

 娘は、何からふっきれたように明るい表情をするようになった。幼稚園で自分の居場所を見つけたのか、日本語でコミュニケーションできないことを受け入れたのか。何にせよ、日本にいた時のような娘に戻り、安心した。

 幼稚園へ6月末で退園であることを告げる。理由を長期の旅行にしたので、戻ってくる?って言われたけど、正直に戻らないことを告げた。

 長期の旅行は、退園を考える最初の要因だった。行かないのに、2ヶ月分も月謝を払うのってもったいなくない?!どうする?!というのが最初の問いでして。

 子供たちも慣れてきて、少ないながら友達もでき、私も他のお母さんに顔を覚えてもらえるようになり、ここで辞めたら子供たちの情緒が不安定になるかもしれないという思いから踏みとどまっていました。

 移る予定の園は、園長先生が素晴らしく、信頼しているので、その点では安心ですが、転園に踏み切った最後の要因は、月謝が少し安くなるということでした・・・・。あはははは。

 子供たちには、短期間で園を変わるという少し大変な状況を作ってしまいましたが、一緒に乗り越えていこうと思っています。

 
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/137-5c04343a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。