--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.05.02

日本語会話

Chicago きっちん2のうぃんちるさんの記事を見て思い出したこと。

 サンノゼのミツワの前の紀伊国屋には、日本語を話す日本人が沢山いて、思わず指差して、日本語話しているよ!!って言いそうになりました。子供とかが母語として日本語を話しているのは、The center以外でこれが初めてだと思う。2世とかは、学校で友達が話している言葉(英語)を話すようになるので、日本人の両親を持っていても、だんだん日本語が話せなくなる傾向があります。(もしくは、話したがらない)。
なので、日本語を話す人口が世代を通じで増えるということは、平均で見ると無いでしょう。

 2世の話は置いておいて、私も旦那とよく日本語で会話という、周りが理解できない言語を駆使して(笑)、あれやこれやと話しています。
例えば、主人は、すごく自分に正直な人なので、そのお店の人の前で、「これは不味そうだ」とか色々思ったことを正直に言うので、日本ではいつもヒヤヒヤしていましたが、こっちに来てからは、大手を振って歩けます(笑)。

でも、紀伊国屋で日本語を話す日本人が沢山いて、主人が何か言うんじゃないかと思い、冷や汗が流れました。いつもの感覚で、思ったことを口に出さないように細心の注意を払わなければ・・・。と思いながら本屋にいました。

なぜなら、私も「アマゾンだと○%オフで、B&Nだったら10%オフで、ここだと、○%だから、送料を考えるとこっちで買ったほうが安いよね!」とか普通、頭の中で考えることを全部話してしまうので、ちょっと恥ずかしい・・・・。

その他月のものの用語なども、小さな声ではありますが、旦那と話している時に使うこともあります。

日本語が暗号文になるなんて思ってもみなかったから、ちょっと愉快(笑)。
 
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/144-fa68c656
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。