--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.03

パンク

 主人がお買い物から帰ってきて、言った。
「タイヤ、パンクしたぁ」

 私ができることは、ただ一つ。スペヤタイヤへの付け替えだ。

 なぜなら、うちはAAA(日本でいうJAF)に入っていないからだ(--lll)。50ドル程度なんだから入ればいいのに・・・。

 主人が夕ご飯を作ってくれている間に、タイヤと格闘。
日本車なので、ナットは左周り(反時計回り)でゆるむ(と説明書に書いてある)。でも、私がレンチに全体重をかけてジャンプしてもびくともしない・・・。

 駐車場で格闘しているうちに、Mさん帰宅。「旦那さんにやらせなさいよ~」(うちの主人はこういうこと絶対にしない派)「そうですね(へらへら笑)」とあいまいに答える。

 そのうちまた住人が通る。この方は実は名前を知らないのだが、めちゃくちゃいつもお世話になっている。すごく優しい方なのです。

 「どうしたの」と聞かれて、ナットが緩められないことを伝えて、ヘルプを出す。

 大柄アメリカ人男性が片足で思いっきり踏みつけると、ナットが緩み始めた。おぉぉぉ!!ありがとう!!

 今度こそ名前聞かなくちゃ!!と思いつつも、御礼をいって、握手して「Have a graet day!」と言ってお別れしてしまった・・・。あぁ、悲しい日本人。次こそは名前を聞く!(というか以前にも聞いたのに覚えられない)。

 それからは、普通にジャッキアップして、タイヤ外して、スペアタイヤつけて、おしまい。 

 明日は、コスコでタイヤ4本を買う。それも半日以上かかるので、ある方に車で送り迎えをしていただくことになっている。

 皆様に助けられつつ(ご迷惑をおかけしつつ)、私たちのアメリカ生活が成り立っているといつも思うのですが、今日はとくにその思いを強くした日でございました。
 

 
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/228-007c594e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。