--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.05

『When herry met sally』

『When Herry met Sally』を見ました。
邦題タイトルは『恋人たちの予感』(らしい)。

 恋愛ものって基本的に見ないんですが、おにいちゃん(数日前の記事をご参照ください)が、かなりお勧めだとのことだったので、見ました。

 メグライアンの初主演の映画で、今より少しぽっちゃりしていて、声も可愛い♪


 あまりにも有名な映画なので、ネタばれありますが、
分かるーって共感できるところばかりで、話の展開も面白い。

 
 体の関係無しに、異性の友人が成り立つのかというのがテーマで、男と女の微妙な心の動きやすれ違いが行動や表情に表れてて、どきっとする。

 まぁ、実際には魅力を感じている人に、友人になりうるまでガードを下げることができるのかというのは、かなりの疑問なのですが、そういう恋愛の展開が可能な年齢になって、話が進んでいくのは、見てて楽しい。

 クリスマスのパーティで、Herryが一人で街を歩いているシーンで終わりにしたら、「今時」の映画になるかなぁ。

 あと、「恋愛もの」に笑いを期待していないので、逆に笑えるところが多くて、すっきり。
 
 お薦め☆☆☆

 それともう一つ『Leagally blonde』。邦題タイトル『キューティ ブロンド』

 西海岸のブロンドの女の子が、自分を振った男を追いかけてハーバードのロースクールへ入る話。

 一応コメディです。

 旦那が涙流していたのに、びっくりしました。

 ハーバードの学生のイメージとかデフォルメされててそういうのが笑える。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/238-fc39eb51
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。