--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.01.05

アルティマちゃん

自分のもう一人の子供 日産 アルティマちゃん(2.5)のエンジンオイルを交換することに決めました。

走行があきらかに、ガタガタするのが可哀想で。見たら、エンジンオイルは、2/3しかなく、しかもキャラメルみたいな色になってしまっている。ウインドウォッシャーも半分以下。(南カリフォルニアへの旅行で、だいぶ疲れている様)

子供の病院は、英語しか話せない先生のところなのに、アルティマちゃんのことを思い、日本語が通じるところをわざわざ探す。家から車で3分のところにある「N●●●E●●● モーターズ」へ。

エンジンオイルの交換を予約していた。「モーターズ」について、エンジンオイルの交換であることをつげる。セットで45ドル。タイヤの空気圧も気になっていることをつたえると、その45ドルに含まれているらしい。

後になってわかったが、セットメニューA,B,Cのようなものがあって、私は、セットA(基本)のようなものを頼んだようだ。
車を引き取りに来ると、エアフィルタ、パワステオイル、エンジンオイルの交換、空気圧の調整、などなど合計77ドルになっていた!おりゃ~、なんじゃそりゃ~。何か一言言ってやろうかと思ったが、日本語で文句とか言えない。言葉は文化と結びついていて、恥の文化に住む私には、無理だった。今度からは、エンジンオイルのみでと伝えよう。セット料金でも、勝手に交換されたら、お金が足りん。日本では、エンジンオイルのみの交換とかやってくれるのにね。というか、もう店変えちゃいそうだ、自分。

乗ってみて、「まぁ、いいか」と思えるほど、アルティマちゃんの走りは、スムースで、プリティなものに変わっていた。「ラブリィ」とつぶやきながら走る私(変態)。

そのまま買い物へ。駐車してアルティマちゃんの体を眺める。
「!!はっ!!」ナンバープレートの枠勝手に変えてやがる!ている。うぬ~、アルティマちゃんは、走る広告塔では、無いぞ!

その後、図書館で、お歌会に出る。全部知らない歌だったが、子供たちは、タンバリンやマラカスなどを両手に持って、踊りまくっていた(特に娘)。息子は、力任せにタンバリンを叩くので、ついには壊してしまった。(後で、先生にあやまったら、it used to happen!Come to us next time!と言ってくれた)

ノルウェー人の友達が、東海岸の方へ行くことになったとメールをくれた。今まで各地を転々としてきた私だが、去られる方の立場になったのは、初めてで、寂しい、悲しいというより、衝撃だった。何がショックなのか、自分でも分からない。笑顔で送ってあげれたらいいなと思う。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/31-d2333fd5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。