--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.12.23

スピード違反 その後

 裁判所より、Courtesy Notice が届く。
この懸案事項に関して、どうしたいか選べるようになっている。

 例えば、1罰金を支払う
     2罰金を支払う+traffic school講習を受ける
     3裁判所へ出頭、異議申し立てをする
                        など。

私の場合、罰金が191ドルで、トラフィックスクールの講習希望の費用が225ドル。(実際に、トラフィックスクールでさらにお金を払う必要がある)。それならもう、お金払うわ。

 日本で、スピード違反で捕まった時、罰金9万円、その他講習を受けて、全部で13万超払った事を思うと、安い。

 警察相手に、闘う気無し。

 小切手書いて、封筒に入れて、切手を貼って投函。

次は、トラフィックスクールのことを書くかも。

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/403-68de9cc9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。