--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.03.11

ミゾレ

 おぉ、ミゾレが天気予報通り降っている。ミゾレって聞くと、おばあちゃん家でよくカキ氷して、透明の「みぞれ」というシロップをかけていたことを思い出す。パブロフの犬で、みぞれって聞くと唾液が出てしまう・・・。

 公園で、5歳の男の子がいつまでも帰らないで遊んでいると、お母さんが「あなたが予期していないconsequenceが起きるわよ」と言っていた。「consequenceっていうのは、あなたがしていることによって、あながた得るであろうことよ」男の子のおじいちゃんは、「風邪を引いたりね」って例を挙げていた。そうかーconsequenceというのは、結果という意味なんだー。へー。と私は5歳児並の英語単語量であることが分かった。

 そんな私が自動音声識別の電話をかける。
自動メッセージ「あなたが希望することは何ですか?○○?■■?☆☆?」と聞かれる。今日は、選択肢がそれぞれ何をさすのか全くわからなかったので、最後に言っていたrepresentationを答える。

 もちろん、全然部署が違っていたが、電話口に出たお兄ちゃんはちゃんと手続きしてくれた。後で調べるとrepresentationは、相続人、代理人という意味。相続なんて無いし、本人だしw。

 この自動音声識別の選択肢には、ある法則があって、一番最後の選択肢はその会社にとって重要なものであることが多い。病院なら、予約受付、カルテについての質問、検査結果、、、と続いて、最後に協賛(寄付)とか。銀行なら、口座のアップグレード、収支の確認、クレジットカードに関するサービスと続いて最後に相続人。てな感じ。

 この最後の選択肢を選んだ時が、最終的に人につながるまでが早い。
あと、この選択肢になければ、0を押してくださいっていうのも意外とつながるのが早かったりする。

 とにかくアメリカの電話は、人が出るまでに時間がかかる。
  
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/89-11c3c9ec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。