--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.03.11

お菓子本

 「藤井恵さんちの卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ」ですが、これちょっと作るの難しくね?最初に作った「りんごのコブラ」の生地が上手くいかなかったのも、手順をもっと細かく踏むべきだったんだと思う。

 今日は、勝手に名づけて「お菓子研究会」の日だったので、他にも作ってみました。(参加者は、L(娘の歯を守るべく、普段から砂糖を使わないお菓子を作っている)M(卵、牛乳にアレルギーがある子供を持つ)とお菓子の研究。って、お茶飲んで話しているだけですが)

 まず、レモンビスケット。普通クッキー類はバターを使うから、手の温度で生地をまとめるたり、寝かせてまとめることが可能。このレシピはバターの代わりに油を使うので、混ぜる時にコツが必要だと思う。レシピには、ざっくりって書いてあるけど、材料Bに粉類を吸い込ませるように混ぜるのが良いのと思う。玉砕しました。

 かぼちゃの焼きプリン。
これは、うちの電子レンジに問題がある。ワット数が強すぎる。面倒でも、かぼちゃを細かく切ってからチンしたほうが良かった。というか、一番いいのは、蒸すのがいい。レンジでチンすると時間との勝負になってしまうから。

 豆乳バニラアイス。もっとも好評だった味。でも、写真みたいに白くならなかった・・・・。なぜ?もっとも問題だったのは、ゼラチン。とろみがつかなかった・・・・。何が悪かったんだ・・。分からない・・・。

 いもきんつば。比較的まともにできた。あ~、でもこれも電子レンジの問題だったんだな。今から思えば。フォークでつぶし、って書いてあるけどマッシャーでつぶしまくるのが良い。網でこせるくらいの勢いで。白玉粉が日系スーパーであまりにも高かったので、中国系スーパーで店員さんに見つけてもらったのが、「水麿 糯米粉」これ完璧。白玉粉と同じように使えます。もれなく裏には中国語のレシピつき。材料、糯米粉、糖、水。このぐらいの中国語なら、私でも分かるー。これからは、「水麿 糯米粉」を信奉しよう。

 Lは、ステビアを使っているらしい。アンドロニコに売っているらしい。砂糖の分量の1/4くらいの量でいいとのこと。勉強になりました。ステビア使えるって、ちょっと出来るって感じがする。かっこいい。まねっこしよ。

 みんなで家を出る途中、同じアパートのいつもよくしていだたいているMさんから、全員にチョコレートを頂く。さらに、レモンも沢山いただいた。嬉しい。うちレモンの消費量多いから。特に、娘がレモン好きでレモンの薄切りをバリバリ食べちゃう人なので。

 それから、午後は幼稚園。息子、お見送りの時、「ママ~一緒にいて~~」って寂しいモードに入る。なんとか納得させて離れる。迎えにいったら、今日は素直に飛び込んできた。うれしいなぁ。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/90-90e99010
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。