--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.03.14

Bad traffic day

今日は交通運が無い日だった。
朝からSFへ行く途中、ベイブリッジ大渋滞。橋の真ん中で事故があったのが原因。橋の上での事故渋滞は初めて。料金所を通ってから、白い線(上には信号がある)で、皆おもむろに、しかし自信を持って順番に発車していく、その順番が全然分からなかったので、ドキドキした。何を基準に発車しているんだ・・・。法則が見出せないまま自分の番になったので、信号が青になったところで、発進。前の前の車も、前の車も赤信号で発進していたので、これが正しかったのかはわからない。でも他の車からはクラクションは、ならされなかった。ちなみに、隣の車も法則がわからなかったらしく、後ろの車にクラクションを鳴らされて、発進していた。

 幼稚園の時間が迫っていたため、tresure ilandでUターンすることに決める。が、tresure iland でのOakland方面とSF方面の分岐点直前で、大型トレーラーがのんびり走っているのを追い越そうとすると、追い越したところから、車線のところが盛り上がっているブロックになっていて、戻れず、結局SFへと来てしまった・・・・。意味無い・・・。

 先ほどの事故車は、tresure ilandまで牽引されていた。よく走っている厳ついピックアップトラックの箱の部分が、一度ねじれたような形になっている。運よく運転席の部分は、凹んでいなかったが、タイヤが本来あるべき場所からかけはなれたところに、向いていた。あんなに丈夫な車が、ここまで変形しているとは・・・。

 目的地に到着。が、クレジットカードが必要とのこと。目的を果たせず・・・。

 再び帰ろうとすると、いつも使っている1st streetからベイブリッジの入り口がふさがっている。今日は、すんなりと目的へと辿り着けない日。でも、迂回の道がちゃんと出ていて、すぐにブリッジに乗れたので、幼稚園の時間には間に合った。 

 幼稚園のところまで来ると、2人とも「だっこ~」。息子は、「怖いからだっこして~」。幼稚園の入り口近くの隅にある椅子に腰掛けて、
私が「ママが何時に迎えに来るか知ってる?」と聞くと、息子は、「短い針が5に着たら」と答えさせ、ママが迎えに来るということをわからせて安心させた上で、「ママに、バイバイって言って、ほっぺにチュッってしてくれる?」っと言うと、「バイバイ」と言って、チュッとキスして、スッタカタッタッターと去って行きました。自分からお別れのタイミングを決めさせるのは、いい方法かも知れないとその時思いついたのでした。

 
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/92-8d177d81
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。