--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.03.20

オーロラへの旅7(3日目&4日目 帰国)

 キッチンを借りて、朝食を作る。といっても、スクランブルエッグ。あと、ホットシリアル。

 B&Bにあったシャンプーがすごく気に入って、それを買うべく、「super store」に行く。といっても、歩くと(若干迷ったのもあって、)50分もかかった。スノーシューズだったので、バックルで締めているところが、こすれて痛い。

 シャンプーは無かったorz。

 お土産用メープルシロップを探す。が、セイフウェイと売っているのと変わらない。違うところと言えば、スペイン語でなく、フランス語の表記が併記されているところ。ファミリーサイズのメイプルシロップが8ドル。昨日お土産やさんで見たメイプルシロップは、同じ値段で親指ほどの大きさの小瓶だった。同じ値段なら、小さい方を買う。(持って帰るのが重いから)。

 スノーブーツは重くて、歩いてはもう帰りたくない。タクシーを呼ぼうかと思ったら、super storeの裏にあたる通りにバスターミナルが(といっても小さい)あり、バスが頻繁に来ている。ちょうど数台バスが来ていたので、行き先とマップを参照すると、Alsekへ行くバスが来ていた。一応Alsek Rd へ行くか運転手に聞くと行くとのこと。値段は、2ドルとのことだったが、一番小さいので5ドルしかもっていない。「5ドルしかないから、あとは、あなたのチップね」といって渡したら、驚いていた。驚いていたことに、私は、驚いた。

 バスのブザーは、ブザーでは無く、テープを押すというものだった。窓と窓の間に、黒くて長いテープがあり、それを押すと、停車サインが出るというのも。

 普通の靴に換えて、ホワイトホース在住の日本人女性Rさんとお昼ご飯を食べる。毎晩お墓のある山へ登っているというと、「渋すぎ!」と受けていた。今晩が最後のチャンスなので、今日も登りますというと、また受けてくださった。ユーコン川が広くて、湖のようになっているところへと案内していただく。川全体が凍っている。雪の下は氷になっていて、その下を川が流れているようだった。

 B&Bまで送ってもらう。バーバラに、ユーコン川へ歩いて行くことを伝える。凍っている川の写真を撮りたかったので。ホワイトホースにも春が訪れているのか、川の氷が時々音を立てながら、割れている。

 座って写真を撮る。

 川の傍にトレイルがあったので、少し歩く。川と山が美しく見える場所があり、そこで寝っころがる。しばらくすると、案の定「大丈夫ですか?」とたずねる人が来た。写真を幾つか撮る。4枚くらい撮るとバッテリーが逝ってしまう。

 再び川の上を歩き始める。ある地点を踏むと大きな音がして、水が上がってきた。薄氷を踏む思いとはまさにこのことだと思い、帰りは慎重に4つんばいで戻る(笑)。ホワイトホースにも春が訪れようとしているのだなと身をもって実感した。

 また、Main streetへお土産やさんなどを見に行く。幾つか買う。日本人男性カップルも、お土産を選んでいるようだ。私のことは中国人だと思っているに違いない。(カナダへの入国の時に、後ろに並んでいた中国人に、またもやいきなり中国語で何かを聞かれた。おそらく、visitorとresidentのラインを確認したかったのだろうが、中国語で説明できるわけでもないので、分からないわというジェスチャーをしておいた。中国人に中国人と間違われる確立は、最近ほぼ100%へと近づいている。)そのまま中国人になりすまし(嘘)、会話を聞くと、ここのお土産屋さんは、他の土産屋と比べて何かが安いらしい。すくなくとも、メープルシロップは安く無いアルヨ・・・。

 B&Bへ帰る。今日の夕ご飯は、スープ。じゃがいもとサラダのセットに入っているセロリ、小さい人参、トマト、などをさいの目に切って、焼いたソーセージと一緒に煮る。トマトペーストもたっぷり放り込む。塩、胡椒。以上。持ってきた、レンジでチンできるご飯も持ってきたのだが、食べる気がしない。7時pmには、夕ご飯を食べていた。

 バーバラがRさんから電話が入っていたことを教えてくれる。電話がつながると、タキーニ温泉かオーロラが見えそうなところへと連れて行ってくださるという提案だった。素晴らしい。オーロラを一緒に見てくださるようお願いする。

 連日晴天で、寒くて、オーロラには絶好の条件なのに、出ない。2chネルでも今年のオーロラ不作を嘆く声があったが、どうやら本当のようだ。Rさんによれば、おととしくらからオーロラが出にくくなっているらしい。

 ピックアップしていただき、タキーニ温泉をはじめ、暗そうなところを探していただく。ハイウェイなどは、真っ暗で、星が降ってきそうなくらい迫ってきていた。どんな星座も拡大したみたいに大きく見える。

 数時間も走っていただいてしまった。オーロラは出ない。
昼間行ったユーコン川の流れている山へ行ってみましょうということになる。山を登っている途中、オーロラが現れた!といっても、私はわからずRさんが先に気がついた。

 車を止め、オーロラを撮影する。と言っても、山なので、足場が平らじゃない。三脚についている水平線で、調整しようとするが、できない。オーロラはすぐに明るい場所が変わるので、調整しているところで、間に合わない。(水平線の調整とカメラの角度を同時に合わせるのが難しい)。カメラをさわるのに、厚い手袋では操作できないので、薄い毛糸の手袋しかしていない。寒いがそうも言っていられない。

 カメラについている三脚の台の角度が少しずれているようだったので、直すべく外す。再び、はめようとするとはまらない!!!ペンライトで確認しながら試すも、入らない。な、、なぜだ!!(ペンライトで無く、ヘッドライトがお薦め。普通の温度なら、ペンライトを口に加えて、三脚とカメラに両手が使えるところだが、ここはマイナス30度の世界、それをすると、唇の皮がはがれます。)

 5分くらい三脚相手に格闘していただろうか、いつの間にか手袋を外していたらしく、間違って、三脚の金属部部に触ってしまった!!!!
「熱っ!!」と叫ぶと同時に手は離れていた。こ、、、怖かった・・・。

 三脚はあきらめ、ちょうど大きな岩が近くにあったので、それを台にして、カメラを据える。シャッター速度は、一定でなく、3~4秒を中心に、若干長さを変えながら撮る。
 
 現像した写真見るのが、恥ずかしくて怖いよ・・。

 Rさん、本当にありがとう~~(ってここは見ていないでしょうけど・・・)。

 一緒に、バーへ飲みに行く。いつもは、しっとりしている雰囲気のバーなのだそうだが、今日はセイントパトリックデーのお祝いで、客層が若い。Rさんには、ビールをご馳走になってしまった。バンドが、アイリッシュ音楽をアレンジした曲を演奏しはじめた。Rさんも私も踊る。私は、あほかというくらい踊りまくった。あほかと思うくらい踊るととても気持ちがいい。信じられないくらい汗をかいた(スノーシューズに、防寒用下着+ズボン+フリースという厚着だったというのもある)。スノーシューズだったので、8曲目くらいで足があがらなくなってしまった。しかし、よく踊った。

 B&Bへと送っていただく。本当にありがとう~~!
お風呂からあがって、ホットシリアルを食べてしまった。寝る前なのに。2時半am就寝。

 4日目。朝5時15分起床。念のため、タクシー会社へもう一度確認の電話を入れる。5時30分にちゃんとピックアップに来てくれた。チップを入れて23ドル超だった。空港には、出発の1時間15分前に着いたが、セキュリティーがまだ閉まっていた・・・・。一番乗りでセキュリティーをすぎる。隣の部屋が搭乗口だったのだが、本当にここが搭乗口なのか心配で、空港の人に聞く。すると、「時間が早すぎるんだよ。大丈夫、ここに女の人(チケットを切る人)が来るから」と言われてしまった。だって、搭乗口ナンバーも書いていないし、町の病院の診察室みたいな雰囲気なんだもん・・・・。また石垣島空港を思い出した。

 無事バンクーバー空港へ到着。とても綺麗。美味しそうな料理屋が並んでいる。朝食も昼食も食べていない私には、神々しくさえ見える。しかし、アメリカへの関税を過ぎてから荷物を受け取って、それから預ける順番なので、ゆっくりしていたら荷物を紛失されるかもしれない。Welcome to America!という文字が書かれたセキュリティーを通る。通って愕然。同じバンクーバー空港なのに、このゲートを堺に、食べ物屋の質が落ちている。なぜだ~~~なぜなんだ~~。ここはまだバンクーバーじゃ無いのか~~~。仕方が無いので、一番まともそうなカフェでハンバーガーをかじる。はぁ、アメリカ。搭乗時間を確認すると、さも当然がごとく40分近く遅れている。はい、アメリカ。手持ち無沙汰なので、読み終えた本をまた読み始める。搭乗時刻になったのに、アナウンスが流れないので、心配なって、ボードを見に行く。さらに搭乗時刻が遅れている。さすが、アメリカ。(バンクーバーからの帰りは、Unitedだったのです)。

 自分はすっかりアメリカ帰った気持ちになっている自分に気がついた。飛行機に搭乗してから窓の景色を見て、ここがバンクーバーだと改めて気がつくまで。山々に雪が積もり、究極の美を創り出している。美しい。

 Unitedは、定刻より1時間以上遅れて出発したが、到着予定時刻より15分近く早く到着した。さすが、アメリカ。

 久しぶりに見るわが子たちは、ちょっと成長していた。どんなに疲れていても、子供の顔見ると、自然と笑みがこぼれるものなんですね。

 この旅を許してくれた主人に感謝。留守番してくれた、子供たちにも感謝です。

追記:使用したカメラとレンズ(デジカメで撮った画像をさらにデジカメで撮ったので、画像が変ですけど)
20060320132730.jpg


泊まったB&Bのお部屋にあるお風呂。とっても可愛い。
20060322145507.jpg

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://orangesunny.blog33.fc2.com/tb.php/95-60cb596b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。